タスクワールド(Taskworld)ブログ

とにかく使いやすい!実際の業務で重宝する機能が満載!

〜人命がプロジェクトの管理に左右される時、時間がもっとも重要なカギとなる〜


many2
写真提供協力:28 TooMany.org

2億人。これだけの女性が、FGM=女子割礼を経験したという事実におののく。この文化儀礼は、現在もアフリカをはじめとする世界28か国、あるいはそれ以上の国で行われている。こうした世界の人権迫害に戦いを挑もうとしている慈善団体がある。彼らはテクノロジーの力を借りて、女子割礼撲滅という使命をより効果的に果たそうとしている。

2005年、スーダンの西ダルフールの国際救助組織のもとで働いていたアン・マリー・ウィルソン氏は、そこで初めて女子割礼を知った。難民キャンプで出会った11歳の少女は、5歳の時にこの虐待的な行為を経験していた。

ウィルソン氏は少女の話に動かされ、女子割礼についてもっと知るべきだと感じた。そして他の少女たちを守るために、何ができるのかを考え始めた。5年間にわたる実習と調査の期間、ウィルソン氏は女子割礼の恐るべき実態を目の当たりにした。また、いくつかの国では勇敢な人々が女子割礼反対運動を展開していたが、実際に割礼を受けた女性たちに対するサポートはほとんどなく、割礼を撲滅して未来の少女たちを守ろうという有効な施策もまったく取られていないことを知った。

博士号の資格をもつウィルソン氏は、2010年、「28 Too Many」を立ち上げた。割礼が行われているアフリカ28か国での現状をリサーチし、地域社会が中心となって割礼経験者を支援し、危険な行為の撲滅を促進することを目的としたものだ。

many3
写真提供協力:28 TooMany.org

現在、彼らの使命は大きく広がり、NPO団体として表彰を受け、世界中にチームやボランティアメンバーを抱えている。

many4
写真提供協力:28 TooMany.org

「28 Too Many」の業務の大半はリサーチとレポート作成、そして収集した情報を拡散し、女子割礼とそれを経験した女性たちの現状へ関心をむけることにある。近年、チームは「ナイジェリアにおける女子割礼」という、かつてない膨大なレポートを作成した。

団体のオペレーションディレクターを務めるショーン・キャラハン氏いわく、大規模なプロジェクトの運営、しかも異なるタイムゾーンでのチームと共同で運営してゆくのは、ジャグリングのようだったと語る。
いくつもの作業を一度にこなさなくてはなりません。なのに、あまりにもたくさんの玉が多すぎて、やがて手が回らなくなってしまうのです。(キャラハン氏)
キャラハン氏はそれを解決するため、いくつものシステムやソフトウェアを試した結果、タスクワールドにたどり着いた。
以前は、必要事項を記入したリストや、壁に大きな紙を貼ったりして、仕事をしていました。GoogleTaskやAsana、BaseCamp、FreedCamp、Slackなど、様々なツールを使ってみたのですが、必要な機能をすべて備えたツールはありませんでした。そこで出会ったのがタスクワールドです。自分が抱える役割をいくつかのプロジェクトに細分化し、各プロジェクトをさらに細分化する。そこからさらに、特定の作業に割り振ってゆく。タスクワールドを使えば、各作業を分類化でき、並べ替えもできるし、すべてを一目で把握ができる。これこそまさに、私たちが求めていたツールでした。(キャラハン氏)
タスクワールドを導入してから、キャラハン氏はプロジェクト運営の方法を模索することに時間を費やす必要がなくなり、「28 Too Many」が抱える重要案件に集中することができるようになった。
タスクワールドのおかげで、すべての玉を秩序だって整理し、必要なときに手に取れるようになりました。大量の紙を壁に貼りださなくてよくなったので、たくさんの樹木を救うこともできます(笑)! (キャラハン氏)
女子割礼制度の廃止に奔走する中、時間はもっとも重要な要素となる。タスクワールドの導入により、チームが本来使うべき時間を取り戻すことができたと、キャラハン氏は語る。


28 Too Many 公式サイト: http://www.28toomany.org
twbanner_700x230_ja

〜11店舗、25,000人の顧客、500,000枚のピザ。事業の成功を支える影のレシピとは?〜


始めはほんの思いつきだった。マーケティングの授業でパンやお菓子を焼く機械を思いついたのがきっかけだった。やがてさまざまなプロジェクトへと形を変え、学位を取得し、最終的には空気熱で焼くセルフサービス式「ピザ釜」のコンセプトへたどり着いた。こうして、3人のヴェルス工科学校の卒業生によって、BistroBox社が2009年に誕生した。


box1
BistroBoxの創始者。左から:ユルゲン・トラクスラー、クラウス・ハーベル、デビッド・キースリンガー


起業から数年で、会社は見事に成功を収め、フランチャイズの数は現在も増え続けている。


新しい食文化のコンセプト
BistroBoxは、24時間365日、カスタマーがボタンひとつでピザをオーブンでいちから焼き上げるという、まったく新しいコンセプトの店舗だ。300℃のオーブンでたった2分。こだわりは素材のクオリティ。美味しいピザに加え、コーヒーや紅茶、スナックも常備し、無料WiFi、スピード写真ブースまで併設している。

現在、オーバーエスターライヒ州に11店舗を構える同社は、オーストリア国内でフランチャイズ・パートナーや新店舗の候補地を探している。近々、フライシュタッドとウィーンにも開業する予定だ。


タスクワールドで効率的なプロジェクト・チーム管理を実現!
box4
企業の成長には常に試練がつきものだ。チームマネージメント、増え続けるプロジェクトやタスクの管理、作業の優先順位や社内での意思疎通。BistroBoxもまた同じような問題に直面した。
立ち上げメンバー全員は、会社の成長と改善のために、毎日働きづめです。ある日、状況を改善するツールが必要だと思ったんです。
(BistroBox共同創始者 クラウス・ハーベル氏)

効果的なチームマネージメントは、ともすれば膨大な時間も手間もかかるし、従来のようなメールや手書き文書で管理していくのは難しい。
タスクワールドを使う前はメールで作業を割り振っていましたが、理想的ではありませんでした。会社が成長するにつれ、いまこそ改善するタイミングだと悟ったのです(ハーベル氏)
会社全体で起きていること、誰がどんな作業をし、いつまでに作業を完了する必要があるのかを把握するのに、ハーベル氏は苦労した。
スケジュール管理だけでなく、効率的な作業分担も悩みの種でした。タスクワールド導入前に抱えていた一番の問題は、どの作業が誰によってなされ、どの作業がまだ手付かずなのか、まったく把握できなかったことです。そのような状況の中、各タスクに優先順位をつけることは、非常に大変でしたね。(ハーベル氏)
タスクワールドを活用することにより、BistroBox社の仕事は確実に効率化していき、社内メールの数も大幅に減少した。社員は優先度の高い作業に集中し、社内の状況をつぶさに追うことができるようになった。
社内メールのやりとりは、劇的に減りました。メンバーへの作業分担や進行管理も、いまでは完璧に行われています。おかげで、会社として事業やプロジェクトの全体像を描けるだけでなく、社員一人ひとりが、取り組むべき事柄を把握できるようになりましたね。(ハーベル氏)
box5
BistroBox 共同創始者でCEOを務めるクラウス・ハーベル氏


BistroBox公式サイト: http://www.bistrobox.com
twbanner_700x230_ja

〜国際的アニメーターチームは、いかにタスクワールドでコラボを円滑に進めたか?〜


studio1
画像提供協力:Studio Izune


「ここはエヴィアン族が住む世界、雲よりもはるか上空に浮かぶ島々。地表に残された廃墟には、精霊たちが棲んでいた・・・」(「Tree of Life」より)


物語、アート、音楽。抽象的で創造性あふれるアイデアを、雲のなかから取り出して意識の表層へと引き上げるのは、非常にやりがいのある仕事だ。クリエイターなら誰でも認めるように、マルチな才能をもつアーティストとの共同作業は一種の試練ともいえる。バラバラのピースをつなぎ合わせ、期日通りに、アイデアをまとめるというのは、やんちゃなポケモンを飼い慣らそうとするようなものだ。


studio2
画像提供協力:Studio Izune

こうした共同作業の試練を、イズ・イシマ氏ほど見事にやってのけた人物はいない。イシマ氏は、アトランタに拠点を置く、ディレクター兼アニメーターである。世界中の才能あふれる若きアニメーターやミュージシャンが、遠隔共同作業でエキサイティングな作品を作っていく、クリエイター集団「Studio Izune」の生みの親だ。

「Studio Izune」は、アジアのアニメーション技術とノウハウを、アジアを飛び出て実践していきたいという思いから生まれた。

このような自由な発想でチームと仕事ができる環境は、まさに夢のようだと、メンバーのひとりである、ピーター・ハンセン氏は言う。

アメリカに住むイシマ氏は、ハンセン氏のほかにも、イギリス、カナダ、リトアニア、トリニダード、アイルランド、イタリア、シンガポール、中国、ニュージーランドと、様々な国のアーティストたちとも共同作業をしている。彼らは、メールとDropboxを使いファイルを共有しながら、25分間のアニメーション作品「Tree of Life」を、チームとして完成させた。

イシマ氏は、イラストレーターやライターと共同で一つのものを作り上げることは、困難を極めたと言う。ファイル・情報の共有に関しては、アップロードしてはダウンロード、またアップロード。メールでのやり取りは絶え間なく、進行状況を把握するにも一苦労、という状況だったという。プロジェクトの進行は、全くスムーズに行かなかった。

studio3
キャラクタースケッチ 画像提供協力:Studio Izune

複雑に絡み合うプロジェクトの要素を、何とか整理しようとしました。あまりにも、全てがごちゃごちゃだったので、それを解決するツールが必要でした。(イシマ氏)

イシマ氏は、そのツールを探し始めた。チームメンバーがスムーズにファイルを共有しあい、期日に合わせて作業をこなし、コメントやチャットで意見交換ができ、誰が・どんな作業を・いつ行っているのかが視覚的に把握させてくれるツール。

イシマ氏、そしてStudio Izuneにとって、タスクワールドがそのツールであった。スケッチからGIF動画、音楽制作にいたるまで、プロジェクトのあらゆる要素を共同作業できるようになった。「Tree of Life」のテーマ曲も、こうした共同作業によって完成したものだ。

音源提供協力:Studio Izne & デビッド・ヴィタス

タスクワールドを知ったのは、ちょうどTrelloを導入したときでした。Trelloでも、物足りなさを感じていたので、他に代わりを探していた時に、偶然タスクワールドを発見したのです。タスクワールドはすべてを統合できて、しかもビジュアル的にわかりやすい。チームのメンバー全員がひとつのページで作業できるのが、とても気に入っています。(イシマ氏)

タスクワールドの導入により、Studio Izuneは、チームの作業フロー、コミュニケーション、情報整理を、大幅に改良することに成功した。そしてなによりも、チームはより多くの時間を、“雲の上のエヴィアン族と過ごす”ことが可能となった。
メンバー全員の仕事の間を取りもつのに、莫大な時間を費やす必要がなくなりました。タスクワールドを使い、メンバー全員の作業をチェックし、修正が必要なときや期日を設けるときにコメントを残す。今は基本的にはこのルーチンで、プロジェクトが回ります。タスクワールドがあるから、かなりの時間を本来自分がすべき仕事に使える事ができており、とても助かっています!(イシマ氏)

Studio Izune公式 Facebookページは こちら
twbanner_700x230_ja

↑このページのトップヘ