タスクワールド(Taskworld)ブログ

とにかく使いやすい!実際の業務で重宝する機能が満載!

〜タスクワールド導入事例のご紹介:Calculus〜


ccb49c96dc9c9cd85c5bc302d812ddc9


複数の法人のCTOを務め、自身の会社ではWeb・システム・アプリの開発などに携わるCalculus ディレクターの田原一正さんは、「自分が片足を突っ込んでいるプロジェクトをしっかりと分けて、管理することが必要不可欠」とのこと。様々なプロジェクト管理ツールを使いこなした結果、タスクワールドをメインのプロジェクト管理ツールに選んだ経緯や、使い方のポイントなどについて、丁寧に解説してくださいました。

決め手は“かんばん方式”と“タイムラインの見やすさ”

d07791bb1d12f3c994d9e8b2584da898
ディレクター 田原一正さん

私にとって、プロジェクト管理ツールは必須です。法人のCTOとして、さらに自身の会社ではディレクターとしてとにかく様々な案件を同時進行で抱えています。見やすく使いやすいプロジェクト管理ツールを求めて、それこそ、10種類くらい試しました。その際に、重要ポイントとして意識していたのが、“かんばん形式であること”そして、“タイムラインが見やすいこと”でした。

いろいろなツールを比較してわかったのですが、意外とこの2つの重要ポイントをクリアしていないプロジェクト管理ツールが多かったですね。タスクワールドともう1つ、使いやすいなと感じているツールがあったのですが、最終的に決め手となったのは、“タイムラインの見やすさ”でした。

私が関わっているプロジェクトは、例えばアプリを作りましょう!となった場合には、アプリ完成までに何フェーズも作業工程があります。担当者、納期、プロジェクトごとなど、自由にカスタマイズされたかたちでタイムラインが見れるのは、とても魅力的だと思っているし、プログラミングをする立場から見ても画期的だと感じました。

時間の管理に重宝する “タイム計測”を活用

6650965f0426622ceaeda9576080a738

私自身もプログラミングをするので、ツール利用者としてだけでなく、作る側の目線でもタスクワールドを見ているかもしれません(笑)。 そんな目線がありつつも、本当によくできたツールだなというのが率直な感想です。

毎日特に多用している機能は、“かんばん”と“タイム計測”です。私たち以外のタスクワールドの利用者が、どのような機能をよく使っているのか、ちょっと気になるところなのですが、私自身は“タイム計測”機能のヘビーユーザーです。この機能、本当に便利なんです。

遠方のチームメンバーと仕事を進めていく上で、特に重要になってくるのが、時間の管理です。メンバーの顔写真を定期的に自動撮影したり、画面の映像で動きをチェックしたりなど、リモート仕事環境でメンバーを管理する手段は様々ですが、私自身は、プロジェクトメンバーをそこまでガッツリと管理したいとは正直思いません。チームメンバーは仕事の上での大事な仲間であり、仲間とのチームワークは、お互いに対しての信用の上に成り立つものですから。その点、タスクワールドのタイム計測機能は、程よく丁度いい具合で、メンバー管理ができる機能として重宝しています。

私自身もプログラミングをするので、作業時間の目安というのはある程度は分かっています。だからこそ、この機能がより活用できるのかなとも思っています。実際に普段やりとりするチームメンバーの多くは、ベトナムやバングラデシュを拠点にしています。東京からディレクションを出し、作業は現地でやってもらう。このシステムで、効率よく、リーズナブル、そしてハイクオリティのサービスを提供しているというわけです。

容量のお知らせ機能があるとうれしいです(笑)

06ae3b02a31da245a521ee67b3f420e5
グローバル求人サイト「ソーシャルマン」のCTOも務める田原さん

デザインなど、容量が大きめのデータのやり取りが多いので、容量に関してもお知らせ機能とかがあると、もっと便利になるなって思います。あとどのくらい容量大丈夫かな?不要なファイルは削除した方がいいかな?などと気になることがしばしばあります。100GBくらいアップできるはずなので、まあ、そこまですぐに容量オーバーになることはないと思っていますが、容量の使用量がわかる、残量がわかる、使っている容量のお知らせがくるなど、欲を言えば、そんな機能を追加してもらいたいと思っています。

でも、やっぱりタスクワールドに関しては、満足ポイントの方が圧倒的に多いですね。例えば、“オーバービュー”。プロジェクトを横断して、ワークスペース上の全タスクを対象に、タスクの進捗状況を確認できる機能です。いろいろな管理ツールを試してみて分かったことなのですが、実はこういった機能って、オプションだったり、設定が面倒だったりすることが多いんです。でも、タスクワールドは標準で付いている。これってまさに推しポイントだと思っています。

“情報チェックのしやすさ”も触れておきたいポイントです。「Web、システム、アプリを作って、はい終わり!」というのではなく、その後の広告まわりや、マーケティングなど、その先の細かいフォローを提供するのが、私たちの事業スタイルです。プロジェクトが完了して、しばらく経過した頃、クライアントから「あのプロジェクトの件だけど…」と確認の連絡が来たときに、過去のプロジェクトに関しての詳細や過程をチェックしやすいのは、とてもうれしいポイントの一つです。

タスクワールドは、他のプロジェクト管理ツールに比べ、使いやすさが飛び抜けていることもあり、 様々なチームにオススメできますね。チーム・会社の規模、事業のスタイルを問わず、業務オペレーションの効率化を協力にサポートしてくれるツールだと思います。

d465cac5823be37fc2e4d8d0bd0f967c



--------------

タスクワールドは、15日間無料でトライアル利用が可能です。
トライアル期間中は、アナリティクス機能を含む、そのすべての機能を無制限で使えます。
日本語によるサポートもバッチリなので、ぜひ気軽にトライアルスタートを!
twbanner_700x230_ja

1-cR7Xny-Rt1dGa1JGiexWBw

1-LXIE6IOdez6aMNcva6C6Bg

〜作業効率アップをサポートする知っ得アクション!〜

プロジェクト管理ソフトがチーム内のオペレーションに深く浸透をしていくと、そのプロ管は、各メンバーにとってメールやLINEのように、必ず毎日使う欠かせないツールとなってきます。

main


毎日確実に使うものだけに、少しでも利用効率を上げていきたいもの。

本日は、効率アップに繋がるちょっとした裏技的機能を駆け足で見ていきましょう。

Let's スタート!

------

1

上は、ワークスペースの全てのプロジェクトを管理できるページです。この中のプロジェクトの一つ、「タイムマシン企画2018」を開いてみましょう。

2

上は、「タイムマシン企画2018」というプロジェクトのメイン画面です。このプロジェクト内のタスクリストの一つである「エンジニアリング&品質検証」の中にある、「沖縄研究所 定期視察」というタスクを開いてみましょう。

3

タスクカードを見ると、吹き出しアイコンの隣に数字の6、その右のクリップアイコンに数字の1、その右の時計アイコンに3時間12分と表示されているのがわかります。

吹き出しアイコンの数字はタスク内に投稿されたコメント数、クリップアイコンの数字はそのタスク内のコメント投稿としてアップロードされたファイルの数、時計アイコンの時間はタスク内で計測されたタイムの合計時間を表します。

それでは、このタスクの複製を作ると、どのように新たなタスクが出来上がるかを見てみましょう。

タスクの複製を作るには、下の画面の3つの点のアイコンをクリックします。
※タスクカードの右クリックでもOKです。

4

下の画面の様に、タスクが複製されました。

5

オリジナルとコピー作成されたタスクを見比べてみると、クリップアイコンを除き、先程の数値が違っている事がわかります。

タスクのコピー機能では、タスク内の添付ファイルはそのまま複製されますが、投稿されたテキストコメントは複製の対象とはなりません。また、コピー元タスクのタイム計測値に関しても、複製対象とはなりません。

それでは、次は「タスクリストの複製」機能を見ていきましょう。

下の画面の操作で、タスクリストのコピーを作ることができます。

6

コピー元のタスクリストと複製作成されたタスクリストを見比べてみましょう。

7

複製作成されたタスクを見ると、タスク単体を複製した時と同様に、テキストコメントとタイム計測値は複製がされていない事がわかります。タスクに添付されたファイルは、複製がされています。

それでは、次は「プロジェクトの複製」機能を見ていきましょう。

下の画面の操作で、プロジェクトのコピーを作ることができます。

8

9

プロジェクトの複製機能では、作成されるプロジェクトの場所(=ワークスペース)を選択する事ができます。これは、複数のワークスペースに参加をしている場合は、ワークスペースを跨いで、プロジェクトをコピー作成できる事を意味します。

10

それでは、複製作成されたプロジェクトを見てみましょう。

11

複製作成された個々のタスクにおいては、テキストコメントと添付ファイルはコピー対象であり、タイム集計値は対象外である事がわかります。

以上、今週の小技集でした。

どんどん利用して、作業効率アップにご活用ください!

--------------

タスクワールドは、15日間無料でトライアル利用が可能です。
トライアル期間中は、アナリティクス機能を含む、そのすべての機能を無制限で使えます。
日本語によるサポートもバッチリなので、ぜひ気軽にトライアルスタートを!

twbanner_700x230_ja

1-cR7Xny-Rt1dGa1JGiexWBw

1-LXIE6IOdez6aMNcva6C6Bg

〜タスクワールド導入事例のご紹介:株式会社インジェスター〜


1a997ca29ccda626904c4c7f379144c4


翻訳・通訳・外国人派遣をメインに行なっているとのことですが、株式会社インジェスターの会社概要や強みなどを教えていただけますか?

弊社は、翻訳と通訳の二本柱で事業を行なっています。まず、翻訳についてですが、字幕の制作を中心に受注しております。韓国、中国のテレビ局からの依頼からスタートしたということもあり、アジア系の作品の字幕制作を多く手がけています。公式サイトにも記載していますが、社名の“INJESTAR”も韓国語と英語の造語なんです。そしてもう一つのメイン事業である通訳ですが、バイリンガルスタッフを空港や商業施設へ派遣、さらに、一般通訳を展示会やイベントに派遣するといった事業内容となります。

成田空港や関西空港にオフィスがあるのですね。そちらからスタッフさんを派遣するといった感じなのでしょうか?

そうですね。空港にオフィスがあるというのは弊社の強みです。空港は何かと問題が起きやすいですから、スピーディ、かつフォローアップもしっかりできる体制でスタッフの派遣ができるので、ご好評をいただいております。また、翻訳に関してですが、中国・大連にあるオフィスと細かく連携することができるのも、弊社の大きな特徴の一つです。メインはアジアとなっていますが、世界15ヶ国の字幕制作に対応してきました。

03996ed0b06486a2aa3d10a37dfa0bdd
株式会社インジェスター マーケティング室 李志哲さん

ワールドワイドに対応可能ということですね。さて、早速ですが、タスクワールドについて伺いたいと思います。現在、タスクワールドをどのように使っていますか?

主にマーケティング室のメンバーで使っています。実は、タスクワールド導入前には、私たちは個人的にいろいろなタスク管理ツールを使っていました。しかし、それらのタスク管理ツールは、いまいち、しっくりきていませんでした。そこで、いろいろとリサーチしてみたところ、タスクワールドにたどり着きました。

e663cc84ffa7834ae7c0f758bb00b780
株式会社インジェスター マーケティング室 野口哲正さん

タスクワールド導入の決め手となったポイントを伺えますか?

プロジェクトを中・長期的に管理できること、さらに、見やすく使いやすいこと。この2点が決め手です。それまで使っていたタスク管理ツールでは、プロジェクトの管理という点では、どうしても近視眼的になってしまいがちでした。ガントチャートを使うと、パッと全体が一目で理解できる、これが、タスクワールドで特に気に入っているポイントです。

6203e1224c451dc183d670d958c6e2e9
ワークスペースのガントチャート画面(タイムライン)

タスクワールドの特徴の一つとして、多言語のインターフェースに対応している点があげられますが、現在はどの言語で使用されていますか?

基本的には日本語です。社内のスタッフの割合でいうと、日本よりも韓国、中国の社員が多いんです。ですが、まずは、社内共通言語である日本語で、タスクワールドの機能や操作を、全員がしっかり身につける目的もあり、日本語モードをメインに使っています。

現在、いろいろと使い方を試されているようですが、タスクワールド導入により改善されたと感じているポイントはありますか?

もちろんあります。「見える化」と「一元的に管理できること」。誰が何をやっているのかが一目でわかるようになりましたし、各プロジェクトの状況が把握しやすくなりました。もともと弊社は、プロジェクト管理ツールを使うという文化が根付いていませんでした。プロジェクトに関するほとんどのことを、エクセルで管理していたくらいですから。なので、タスクワールドを社内で本格的に導入することが決まった時は、「やっと何かが動き出した!」、「スタートした!」という感じでした。

タスクワールドでよく使っている機能をお伺いできますか?

ガントチャートとボードです。タスクワールドのこれらの機能を使うだけでも、案件の洗い出しができるのが、とても便利です。また、全プロジェクトが一覧表示される画面を良く見ています。プロジェクト全体を俯瞰してみることができるので、「ここは今やらなくていいよね」、「ここはペンディングにしておこう」など、新事業のポートフォーリオのように使うこともあります。さらに、プロジェクトごとにステータスの表示ができること、数値として完了パーセンテージを見ることができるのはとても便利です。出社して最初にやることとして、「ガントチャートを見て、優先事項をきちんと把握した上で、その日の仕事を開始する」が習慣になっています。

96bcf59ead2dcea8d811bbd226232838
ワークスペースの全てのプロジェクトを一覧できる画面

他のチームにもタスクワールドはオススメできますか?

できます。していきたいと思い、うまくオススメできるよう、まずは自分たちが、更に使いこなせるようになるよう、頑張っています(笑) 。タスクワールドは、機能も便利で画面も見やすいのはもちろんなのですが、何より、操作しやすいことが、その大きなポイントの一つだと思います。こういったツールの導入はチームメンバーみんなが使いこなせることが大切です。その点、タスクワールドは、使いやすいインターフェースで、他言語もOKで、直感的に使えるので、オススメしやすい管理ツールだと思います。

0d345de7004e2393c9852086931efc61


31



--------------

タスクワールドは、15日間無料でトライアル利用が可能です。
トライアル期間中は、アナリティクス機能を含む、そのすべての機能を無制限で使えます。
日本語によるサポートもバッチリなので、ぜひ気軽にトライアルスタートを!
twbanner_700x230_ja

1-cR7Xny-Rt1dGa1JGiexWBw

1-LXIE6IOdez6aMNcva6C6Bg


↑このページのトップヘ