〜タスクワールドは、わかりやすいから社内での導入も安心!〜

チームの業務効率を改善するため、一日も早く、強力なプロジェクト管理ツールを導入したいと思っているものの、ある理由が重大な障壁となり、惜しくも、導入が頓挫...。

そんな事、いままでありませんでしたか?


BOSS



その理由とは...。


「うちのチームには、IT関連が苦手で、新しいツールに対してのアレルギーが尋常でないスタッフがいる!」


便利なITツールは数あれど、実際にそう感じるかは使う人次第です。

プロジェクト管理は、一度チームに導入をすると、チーム内の重要情報インフラとして、毎日頻繁に使われるものとなります。

プロジェクト管理の導入を検討する際は、使う人のITスキルに関わらず、フル活用できるものを選ぶことをオススメします。

世界基準のプロジェクト管理ツールと称されるタスクワールドは、まさにそんなツールです。


本日は、タスクワールドは実際にどんな感じに使うものなのか、駆け足でさらっと見ていきましょう!

ーーーーーー

「ワークスペースに参加するメンバーが、多種多様なプロジェクト・タスクに取り組む」が、タスクワールドの基本コンセプトです。

タスクワールドでは、プロジェクト、そして、タスクを無制限に作ることが可能です。

● ワークスペースが一番大きなくくり。
● その中に、様々なプロジェクト。
● 各プロジェクトの中には、タスクリストで整理された、コンプリートしなければいけない様々なタスク。


下の画像は、ワークスペースに作られたプロジェクトのサンプルです。

1

自分が参加しているプロジェクトと、参加していないプロジェクトを分けて見ることができるのは、便利です。「見える化」ということですね。

2
この様な感じに、参加をしていないプロジェクトにもアクセスすることができます。

ちなみに、この「木村作成プロジェクト」は、ワークスペース内のすべてのメンバーがアクセルできるように、「プロジェクトの公開」設定がされています。「プロジェクトの非公開」設定がされていれば、このプロジェクトは、「参加していないプロジェクト」には表示されません。

この様に、タスクワールドでは、メンバーに対してのアクセス制限を行なうことができるので、もろもろ安心して使うことができます。ちなみに、アクセス制限は、他にも違った方法でかけることができます。個人タスク管理ツールではなく、初めから、会社・ビジネス用のプロジェクト管理ツールとして開発がされているタスクワールドならではといった感じですね。

下は、新しいプロジェクトを作る画面です。

3
プロジェクトの公開(プライバシー)設定の変更は、プロジェクト管理者であればいつでも可能です。

さて、ここからは、既にメンバーが取組中のプロジェクトを例に見ていきましょう。

4
タスクが列(タスクリスト)ごとに整理されています。

カード形式で表示されている各タスクには、メンバーのアイコン画像が付いていて、誰が担当者なのかがひと目でわかります。

上の画像の赤い矢印のボタンをクリックすると、このプロジェクトのメンバーを一覧で見ることができるのも、とても便利です。

このボタンの右隣のボタンを押すと、プロジェクトの設定画面にアクセスすることができます。

5
プロジェクトの設定画面では、様々な項目を確認・変更することができます。

この画面では、プロジェクトメンバーだけでなく、プロジェクトの開始日や期日など、様々な項目を確認・編集することができます。

上は、「プロジェクト管理者」によりアクセスされた画面です。
通常のメンバーがアクセスした場合は、編集出来る部分が限られます。

この画面を下にスクロールすると...。

6
上の4項目は、プロジェクト管理者しか変更ができません。安心!


さて...。

下から2番目の「プロジェクトを複製する」は、さりげないですが、実は凄い便利な機能なんですよ。

複製されて出来たプロジェクトをテンプレートとして使えるからです。

詳細は、こちらの記事を参考にしてくださいね。

プロジェクト内の「タスク」の詳細画面は、タスクカードを一回だけ左クリックすると、すぐに開くことができます。

7
ページ移動せずに、タスクの詳細画面にアクセスできるのは便利!

タスクワールドといえば、視覚的・直感的な操作性ですよね。

各タスクには、ドラッグ&ドロップの操作で、カンタンにファイルを添付することができます。

8
タスクカードにドロップでOK。タスクの詳細画面にドロップでもOK。

添付(アップロード)されたファイルは、画像の場合、下のように、タスクカード上にプレビューが表示されます。見やすいですね!

9


そして
   そして....。


各プロジェクトは、ガントチャート形式で進捗状況を見ることも可能です!

10


「アナリティクス」という機能を使うと、下のように、更に多角的に最新状況を確認することができます。


11


12


そして
   そして....。


タスクワールドでは、特定のプロジェクトだけでなく、ワークスペースの全てのプロジェクトを対象に、最新状況をチェックすることができます。

ワークスペースの全プロジェクト・全タスクを対象に、担当者やカスタマイズ可能なタグで絞り込んだ上で、ガントチャート表示!


13



タスクワールドが社内の情報インフラになった仕事の環境、イメージが沸いてきましたか?
ITがチョット苦手なメンバーでも安心ですよ!


--------------

タスクワールドは、15日間無料でトライアル利用が可能です。
トライアル期間中は、アナリティクス機能を含む、そのすべての機能を無制限で使えます。
日本語によるサポートもバッチリなので、ぜひ気軽にトライアルスタートを!
twbanner_700x230_ja

1-cR7Xny-Rt1dGa1JGiexWBw

1-LXIE6IOdez6aMNcva6C6Bg