〜ワークスペース➞プロジェクト➞タスクごとに、構成メンバーを細かく設定!〜

タスクワールドでは、ワークスペースに参加するメンバーが様々なプロジェクト・タスクに取り組みます。

MAIN

もちろん、ワークスペースには誰もが自由に入る事は出来ません。ワークスペースの管理者により個別に招待された関係者のみがアクセス可能となります。

ワークスペース管理者ではないメンバーは、自由に新しい人をワークスペースに入れる事は出来ません。

タスクワールドでは、このように、管理者や非管理者メンバーなど、様々なタイプのメンバーが存在します。

本日は、タスクワールドにおけるメンバーの種類を駆け足で見ていきましょう。

Let's スタート!

------

下は、ワークスペース上の全てのプロジェクトを一覧で見ることの出来る画面です。

画面右上に「マジックテック株式会社」という、このワークスペースの名前が表示されています。

1

この部分をクリックすると、このワークスペースの設定ページにアクセスすることが出来ます。

2

下は、このワークスペースの設定ページです。「ワークスペースのメンバー」タブを見てみましょう。

3

上の画面によると、このワークスペースには、管理者であるメンバーが2人、管理者ではないメンバーが3人、合計5人が参加していることがわかります。

ワークスペースの管理者は、ワークスペースの管理者ではないメンバーには出来ない、次の操作を行なうことができます。
  • 無料トライアルから有料プランへの切り替え

  • 有料プランのライセンス数アップ

  • ワークスペースへのメンバー招待

  • ワークスペースからのメンバー削除

  • 各ワークスペースメンバーのタイプ変更

  • アクセスできる全てのプロジェクトに関し、プロジェクト管理者の追加・削除

  • 作成済みのタグの編集・削除(※タグに関しての参考記事はこちら

「各ワークスペースメンバーのタイプ変更」とは、ワークスペースメンバーを管理者にしたり、管理者から外す変更を指します。

「プロジェクト管理者の追加・削除」は、アクセスできるプロジェクトであれば、自身がそのプロジェクトのメンバー(管理者、非管理者メンバー)ではなくても、ワークスペース管理者は、そのプロジェクトの管理者設定を変更できる特権を指します。自身をそのプロジェクトの管理者に設定することも可能なので、アクセスできるプロジェクトであれば、そのプロジェクトに関し、深いレベルで設定変更を行なうことができます。

4

5

ワークスペースには、管理者と非管理者メンバーの2つのタイプがあることを見てきました。

さて...。

「一つのワークスペースを会社のオフィスのようにして使い、そのワークスペース上で、様々なプロジェクト・タスクに取り組む」のが、タスクワールドの基本コンセプトです。

タスクワールドでは、同じアカウントで複数のワークスペースに参加することが可能です。

複数のワークスペースに参加していると、2秒もかからない簡単な切り替え操作で、別のワークスペースに移ることができます。

6
ワークスペースの切り替えは、アカウントにログインしたままで可能。

タスクワールドを30人以上の規模で導入する際は、追加料金なしで数に制限なくワークスペースを運営することの出来る、エンタープライズプランがオススメです。詳細はこちらをクリック

さて、本題に戻りましょう...。

ワークスペース上で様々なプロジェクト...。
各プロジェクト内で、様々なタスク...。

では、各プロジェクトのメンバータイプに関して見ていきましょう。

7
プロジェクトのメイン画面(プロジェクト名は「タイムマシン企画2018」)

上の画像のプロジェクトのプロパティを開いてみましょう。

8
プロジェクトのプロパティ

プロジェクト管理者が1人、プロジェクトメンバーが4人、合計5人が登録されていることがわかります。

合計5人のプロジェクトメンバーという事であり、そのうちの1人が管理者、残りの4人が管理者ではないメンバーという事となります。


次は、各タスクの"関連者"に関して見ていきましょう。


9
タスクのプロパティ

上の画像のタスクでは、担当者が3人、フォロワーが1人、合計4人が登録されていることがわかります。

プロジェクト、そして、タスクの"関連者"に関しては、こちらの記事に詳細が記載されています。フォロワーに関しては、こちらの記事をチェック!

.......

以上、タスクワールドのワークスペース参加メンバーに関して、駆け足で見てきました。

来月は、日本国内のタスクワールド事例紹介シリーズがスタートします。
お楽しみに!

--------------

タスクワールドは、15日間無料でトライアル利用が可能です。
トライアル期間中は、アナリティクス機能を含む、そのすべての機能を無制限で使えます。
日本語によるサポートもバッチリなので、ぜひ気軽にトライアルスタートを!
twbanner_700x230_ja

1-cR7Xny-Rt1dGa1JGiexWBw

1-LXIE6IOdez6aMNcva6C6Bg