タスクワールド(Taskworld)ブログ

とにかく使いやすい!実際の業務で重宝する機能が満載!

タグ:ホテル

〜トラベル業界は大乱戦!確実に勝ち抜くには、いま何を...?〜

people-hotel-bar-drinks1

グローバルレベルで、旅泊業界の変容が止まりません。

1990年代は、いわゆる、ホテルのフランチャイズ展開が爆発的に広がりを見せ、2000年代は、オンライン予約サイトの台頭により、宿泊予約のスタイルが大幅に変化しました。そして、2010年代は、Airbnbに代表される民泊やシェアリングエコノミーのコンセプトによる旅のスタイルが、ホテルに代わる選択肢として人気を高め、一大ビジネスとして急成長を続けています。

「旅行者は様々なタイプの宿泊先を選択肢に、様々な異なる手段で予約することができる」

これは特に、「旅のプラニングにこだわりたい」、もしくは、「節約にこだわりたい」といった感じに、はっきりとしたテーマ・特性を持って旅の過程を楽しもうとする多くの消費者にとっては、喜ばしき状況といえるでしょう。

ですがこの状況は、旅泊業界全体において、業者が必要な数以上のカスタマーを獲得し続け、中長期的にビジネスを成功させることを、より困難にしている側面も持っています。

今では、宿泊先の予約といえば、従来のスタイルである「旅行代理店経由」をせずに、「予約サイトを使い自ら直接予約」を行うのが主流となっています。この状況下、旅行者の消費を勝ち取るために、Booking.com やExpedia(エクスペディア)に代表される、オンライン予約サイト運営会社は、年間で38億ドル以上を、グーグルのキーワード検索に使っているといわれています。

大手ホテルチェーン、南国リゾートホテル、ビジネスホテル、家族経営の田舎のペンション....。

2010年代、今。旅泊業界は、まさに大乱戦。

多種多様なプレイヤーがしのぎを削り、旅行者による消費の獲得を目指します。

日本に関しては、2020年の東京オリンピックが、旅泊業界における大きなピークとなります。

この一大イベントが終わるまでは、政府の方針もあり、訪日観光客の数が増えていくため、旅行者による消費の獲得は、比較的イージーな状況であるといえます。

この戦いにおける真の勝者が決まるのは、東京オリンピックが過去のものとなった、5年、10年、20年後です。

ded7054e46204943cf3273cf1932a04e_m


東京オリンピックまでの2年を超えて、旅泊業で勝者になるには...。

➞ ➞ ➞

本記事の後編では、次のポイントを考えていきましょう。

1. SNSでシェア!インスタ映えサービスを提供して、消費をゲット!

2. やはり、中国がアツい!中国からの旅行客を確実にファンにして、消費をゲット!

3. 予約サイトがメイン予約獲得ツールなのは、どこも同じ!

4. 世界中のトップ企業が使っている、プロジェクト管理専門ツールで、旅泊ビジネスのあらゆるオペレーションを効率化!
 

後編、お楽しみに!


1-_RyVWQ5wkflL00DIuLNUTg
旅行者のためのインスタ映えサービスの提供が成功のカギ!


--------------

タスクワールドは、15日間無料でトライアル利用が可能です。
トライアル期間中は、アナリティクス機能を含む、そのすべての機能を無制限で使えます。
日本語によるサポートもバッチリなので、ぜひ気軽にトライアルスタートを!
twbanner_700x230_ja

1-cR7Xny-Rt1dGa1JGiexWBw

1-LXIE6IOdez6aMNcva6C6Bg

〜従来のスプレッドシートやメールから、タスクワールドへの一元化〜


Accor1
アリーン・マサート氏/東南アジア支局 デジタルマーケティング リージョナルディレクター
タスクワールドのおかげで、やるべき作業は何なのか、誰が・いつまでに・どのようにするべきか、全員が把握できるようになり、シームレスな仕事が可能になりました。管理職の方には、タスクワールドは断然お勧めします。仕事が格段にやりやすくなりましたし、毎日の貴重な時間をうまく節約することで、効率性の大幅アップを実現することができました。
ラッフルズ、ソフィテル、ノボテル、プルマン。これらは、世界有数のホテル運営会社、アコーホテルズが所有する人気ホテルの一部だ。3,700以上のホテルを運営し、18万人以上の従業員を抱えている、フランス拠点のグローバル企業だ。

2015年には、3日に2軒の割合で新しいホテルをオープンした、という事実からも、同グループの事業規模が伺える。

アコーホテルズの爆発的な成長の多くは、ホスピタリティ業界におけるもっとも活発的な地域のひとつ、東南アジアによるものだ。アリーン・マサート氏は、東南アジアにおけるアコーアジアのデジタルマーケティング事業を統括している。マサート氏は、ホテルの新規開業のプロセスを円滑化したいとかねがね考えていた。


問題点
ホテルの開業は一大プロジェクトだ。複数の部門にまたがって作業しなくてはならない上、期日までに完了させる必要のある、重要なタスクが数多くある。また、チーム全員をつなぐコミュニケーション方法も確立しなくてはならない。

多くのホスピタリティ企業と同様、アコーホテルズもまた、90年代来おなじみの管理ツール、すなわちエクセルとメールを使用していた。

この2つのツールを侮ってはならない。どちらもビジネスのやり方を大きく変えたものだし、今後も世界中のあらゆるビジネスをサポートしてゆくだろう。だが、どちらもプロジェクト管理のために開発されたわけではない。開発された本来の目的においては素晴らしい働きをするが、仕事の組織化は得意分野ではないのだ。

Accor2
マイクロソフトのエクセルがプロジェクト管理に最適とされない理由

私たちはホテルの新規開業プロセスをより効率化したいと思っていました。誰もがリアルタイムで進行状況をたどることができる、オンラインソリューションを必要としていました。また、全ドキュメントを整理し、検索を容易にしたいとも考えていました。(マサート氏)
マサート氏は、既存の方法は時間を浪費するばかりで、改良の余地があると感じていた。


解決策
アコーグループが抱えていた、ホテル開業プロジェクトにおける数々の問題を耳にし、私たち、タスクワールドチームは、マサート氏にコンタクトを試みた。視覚的なタスクマネージメント、ファイル共有、そしてチーム間のメッセージ交換を、タスクワールドという1つのアプリケーションに統合することで、グループが抱える問題を解決できるかもしれない、と考えたからだ。さっそくマサート氏に連絡をとり、タスクワールドを紹介した。

タスクワールドチームと共同で、試験的プロジェクトをスタートすることに。こうして、アコーグループとタスクワールドの、建設的パートナーシップがスタートした。

私たち、タスクワールドチームはまず始めに、アコーホテルズのワークフローをタスクワールドのワークスペース上で再現をした。


Accor3
ホテル開業ワークプレイスの一例

タスクワールドを導入して以来、確実にチーム内の効率性がアップしています。タスクワールドを社内のオペレーションに取り入れることにより、複雑な作業、仕事のフローがとても円滑になりました。プロジェクトのメンバー全員が、誰が何を、どうやって、いつまでに終わらせるべきか、把握することのできる環境を作れています。(マサート氏)

視覚的なプロジェクト管理
タスクワールドのビジュアルボードは、視覚的にも操作的にも、エクセルのスプレッドシートとは対照的だ。チームは、一つの共有スペース("バーチャル仕事空間")で、各自のタスク(仕事)に関してアップデートを行い、ファイルを共有し、連絡を取り合い、チームメンバーと共に、プロジェクトの進行をチェックする。タスクワールドを業務オペレーションに取り入れた仕事とは、このようなイメージだ。

Accor4
ホテル開業のためのマーケティングプロジェクトの一例

タスクワールドを導入する前は、必要な情報をメールで集め、エクセルのシートにチェックリストを作り、マニュアル作業でそれを更新した上で、そのエクセルファイルを、複数の関連者に送信し、それを受信したスタッフは、各自、そのファイルを独自のスタイルで管理していました。タスクワールドを使えば、チェックリストはクリックひとつで更新され、全員に通知されます。またチャット機能のおかげで、ホテル開業における最も忙しい時期の、膨大なメールのやり取りも大幅に減りました(マサート氏)
Accor5
タスクワールドのチャット機能により、メールのやり取りを40%以上削減することが可能


タスクワールドの利点
マサート氏に、タスクワールドの機能で特に気に入っている点を聞いてみると、「オーバービュー」ダッシュボードだとの回答を得た。
ひとつの画面上で、すべてのワークスペースでの作業を、一括でチェックできる点が、とても便利で気に入っています(マサート氏)

Accor6
タスクワールドの「オーバービュー」ダッシュボード

プロジェクトを管理する立場にあるすべての人に、タスクワールドをおすすめしたいですね。業務オペレーションに取り入れると、毎日の仕事が格段にやりやすくなります!(マサート氏)
twbanner_700x230_ja

↑このページのトップヘ