タスクワールド(Taskworld)ブログ

とにかく使いやすい!実際の業務で重宝する機能が満載!

タグ:マネージメント

〜ウェブ広告界に旋風をもたらす「Adcash」が実践する、プロジェクト管理方法とは?〜
adcash2

ユニークユーザー数、1日2億人。コンバージョン、月間520万件。インストール数、月間75万件。目もくらむような数字だ。

エストニアの小さな企業がアルゴリズムと大志を胸に、40平米のアパートのキッチンで「Adcash」を立ち上げたとき、これほど大きな成長が待ち受けていようとは誰も予期していなかった。
私たちのビジネスは、多くのテクノロジー会社と同じようにスタートしました。全くのゼロからのスタートです。9年が経過した今、我々は世界的な広告ネットワークに成長し、毎日10万人ベースで顧客にサービスを提供しています。(マーケティング部長 リース・リスタル氏)
「Adcash」の成功は、経済界で大きな注目を集めている。「Adcash」は「最も競争力のある中小企業」ランキングに2年連続でノミネートされたほか、エストニアの経済紙「Aripaev」が選ぶ「2015年 最も成功した企業 TOP 100」や、「2015年エストニア最優秀企業」に選出されるなど、数々の輝かしい実績を誇る。


Adcashとは?
「Adcash」は、リアルタイムで広告を発信するプラットフォームだ。広告主に対し、最大限狙い通りの露出を提供し、パブリッシャーに対しては、ウェブトラフィックで収益を得るための、シンプルで効果的な手段を提供する。「Adcash」の広告エンジンは「AdApt」と呼ばれ、過去10年で培った経験値と最新のアルゴリズムを組み合わせている。
adcash3
「AdApt」は、よりターゲットを絞られたアプローチが可能な「Google Adsense」といった感じである。「Adcash」経由のトラフィックは非常にクリーンであり、ボリュームよりクオリティにこだわる大手広告主に好まれて使われている。また「Adcash」は、シンプルでカスタマイズ可能なフォーマットが使われており、パブリッシャーにとって使いやすい。

「InnoGames」や「Alibaba」のようなトップ・エンターテインメント企業をサポートする「Adcash」が弾き出すコンバージョン率は、同社の勢いを示しているようだ。


4ヶ国にまたがる国際チームの管理
わずか数名で始まった「Adcash」も、いまや従業員の数は200人超、その中には、18の異なる国籍をもち、15の異なる言語を話すスタッフがいる。今日、「Adcash」はエストニアの首都タリンに本部を構え、バルセロナ、ソフィア、パリに支局オフィスを構えている。
adcash7
取り扱うウェブトラフィック・顧客ベースの増加、事業規模が急速に拡大するにつれ、チームの多様化が進んでいき、各部門のプロジェクトマネージャーは、オペレーション上、大きな課題を抱えることになった。時差のある4つのオフィス間での共同作業、ファイル・情報共有の整理、スタッフとのコミュニケーション、プロジェクト進捗状況のモニタリング。

「Adcash」には、業務オペレーションを支える新しいソリューションが不可欠だった。
テクノロジー企業では、作業効率を高めていくことが常に大きな課題です。そのためには、私たちの会社のオペレーションに適した、新しいプロジェクト管理ツールが必要でした。広告業界では、状況・時代に応じた適応が求められます。SEO戦略、エキスポ出展、サービス開発等、様々な異なる要素が絡み合う私たちの会社では、操作性や信頼性に加え、「柔軟性」を持つツールが必要であり、その点において、タスクワールドは完璧でした。(リステル氏)
adcasj5
リース・リステル氏/Adcash マーケティング部長

期限をオーバーするタスクの割合は、ほぼゼロになりました。タスクに関してのあらゆる連絡・管理が可能なこと、分析レポート、メールやカレンダーの同期など、会社のオペレーション改善に役立つ、便利な機能がたくさん詰まっています(リステル氏)
Adcash 公式サイト: https://www.adcash.com
twbanner_700x230_ja

〜人命がプロジェクトの管理に左右される時、時間がもっとも重要なカギとなる〜


many2
写真提供協力:28 TooMany.org

2億人。これだけの女性が、FGM=女子割礼を経験したという事実におののく。この文化儀礼は、現在もアフリカをはじめとする世界28か国、あるいはそれ以上の国で行われている。こうした世界の人権迫害に戦いを挑もうとしている慈善団体がある。彼らはテクノロジーの力を借りて、女子割礼撲滅という使命をより効果的に果たそうとしている。

2005年、スーダンの西ダルフールの国際救助組織のもとで働いていたアン・マリー・ウィルソン氏は、そこで初めて女子割礼を知った。難民キャンプで出会った11歳の少女は、5歳の時にこの虐待的な行為を経験していた。

ウィルソン氏は少女の話に動かされ、女子割礼についてもっと知るべきだと感じた。そして他の少女たちを守るために、何ができるのかを考え始めた。5年間にわたる実習と調査の期間、ウィルソン氏は女子割礼の恐るべき実態を目の当たりにした。また、いくつかの国では勇敢な人々が女子割礼反対運動を展開していたが、実際に割礼を受けた女性たちに対するサポートはほとんどなく、割礼を撲滅して未来の少女たちを守ろうという有効な施策もまったく取られていないことを知った。

博士号の資格をもつウィルソン氏は、2010年、「28 Too Many」を立ち上げた。割礼が行われているアフリカ28か国での現状をリサーチし、地域社会が中心となって割礼経験者を支援し、危険な行為の撲滅を促進することを目的としたものだ。

many3
写真提供協力:28 TooMany.org

現在、彼らの使命は大きく広がり、NPO団体として表彰を受け、世界中にチームやボランティアメンバーを抱えている。

many4
写真提供協力:28 TooMany.org

「28 Too Many」の業務の大半はリサーチとレポート作成、そして収集した情報を拡散し、女子割礼とそれを経験した女性たちの現状へ関心をむけることにある。近年、チームは「ナイジェリアにおける女子割礼」という、かつてない膨大なレポートを作成した。

団体のオペレーションディレクターを務めるショーン・キャラハン氏いわく、大規模なプロジェクトの運営、しかも異なるタイムゾーンでのチームと共同で運営してゆくのは、ジャグリングのようだったと語る。
いくつもの作業を一度にこなさなくてはなりません。なのに、あまりにもたくさんの玉が多すぎて、やがて手が回らなくなってしまうのです。(キャラハン氏)
キャラハン氏はそれを解決するため、いくつものシステムやソフトウェアを試した結果、タスクワールドにたどり着いた。
以前は、必要事項を記入したリストや、壁に大きな紙を貼ったりして、仕事をしていました。GoogleTaskやAsana、BaseCamp、FreedCamp、Slackなど、様々なツールを使ってみたのですが、必要な機能をすべて備えたツールはありませんでした。そこで出会ったのがタスクワールドです。自分が抱える役割をいくつかのプロジェクトに細分化し、各プロジェクトをさらに細分化する。そこからさらに、特定の作業に割り振ってゆく。タスクワールドを使えば、各作業を分類化でき、並べ替えもできるし、すべてを一目で把握ができる。これこそまさに、私たちが求めていたツールでした。(キャラハン氏)
タスクワールドを導入してから、キャラハン氏はプロジェクト運営の方法を模索することに時間を費やす必要がなくなり、「28 Too Many」が抱える重要案件に集中することができるようになった。
タスクワールドのおかげで、すべての玉を秩序だって整理し、必要なときに手に取れるようになりました。大量の紙を壁に貼りださなくてよくなったので、たくさんの樹木を救うこともできます(笑)! (キャラハン氏)
女子割礼制度の廃止に奔走する中、時間はもっとも重要な要素となる。タスクワールドの導入により、チームが本来使うべき時間を取り戻すことができたと、キャラハン氏は語る。


28 Too Many 公式サイト: http://www.28toomany.org
twbanner_700x230_ja

〜従来のスプレッドシートやメールから、タスクワールドへの一元化〜


Accor1
アリーン・マサート氏/東南アジア支局 デジタルマーケティング リージョナルディレクター
タスクワールドのおかげで、やるべき作業は何なのか、誰が・いつまでに・どのようにするべきか、全員が把握できるようになり、シームレスな仕事が可能になりました。管理職の方には、タスクワールドは断然お勧めします。仕事が格段にやりやすくなりましたし、毎日の貴重な時間をうまく節約することで、効率性の大幅アップを実現することができました。
ラッフルズ、ソフィテル、ノボテル、プルマン。これらは、世界有数のホテル運営会社、アコーホテルズが所有する人気ホテルの一部だ。3,700以上のホテルを運営し、18万人以上の従業員を抱えている、フランス拠点のグローバル企業だ。

2015年には、3日に2軒の割合で新しいホテルをオープンした、という事実からも、同グループの事業規模が伺える。

アコーホテルズの爆発的な成長の多くは、ホスピタリティ業界におけるもっとも活発的な地域のひとつ、東南アジアによるものだ。アリーン・マサート氏は、東南アジアにおけるアコーアジアのデジタルマーケティング事業を統括している。マサート氏は、ホテルの新規開業のプロセスを円滑化したいとかねがね考えていた。


問題点
ホテルの開業は一大プロジェクトだ。複数の部門にまたがって作業しなくてはならない上、期日までに完了させる必要のある、重要なタスクが数多くある。また、チーム全員をつなぐコミュニケーション方法も確立しなくてはならない。

多くのホスピタリティ企業と同様、アコーホテルズもまた、90年代来おなじみの管理ツール、すなわちエクセルとメールを使用していた。

この2つのツールを侮ってはならない。どちらもビジネスのやり方を大きく変えたものだし、今後も世界中のあらゆるビジネスをサポートしてゆくだろう。だが、どちらもプロジェクト管理のために開発されたわけではない。開発された本来の目的においては素晴らしい働きをするが、仕事の組織化は得意分野ではないのだ。

Accor2
マイクロソフトのエクセルがプロジェクト管理に最適とされない理由

私たちはホテルの新規開業プロセスをより効率化したいと思っていました。誰もがリアルタイムで進行状況をたどることができる、オンラインソリューションを必要としていました。また、全ドキュメントを整理し、検索を容易にしたいとも考えていました。(マサート氏)
マサート氏は、既存の方法は時間を浪費するばかりで、改良の余地があると感じていた。


解決策
アコーグループが抱えていた、ホテル開業プロジェクトにおける数々の問題を耳にし、私たち、タスクワールドチームは、マサート氏にコンタクトを試みた。視覚的なタスクマネージメント、ファイル共有、そしてチーム間のメッセージ交換を、タスクワールドという1つのアプリケーションに統合することで、グループが抱える問題を解決できるかもしれない、と考えたからだ。さっそくマサート氏に連絡をとり、タスクワールドを紹介した。

タスクワールドチームと共同で、試験的プロジェクトをスタートすることに。こうして、アコーグループとタスクワールドの、建設的パートナーシップがスタートした。

私たち、タスクワールドチームはまず始めに、アコーホテルズのワークフローをタスクワールドのワークスペース上で再現をした。


Accor3
ホテル開業ワークプレイスの一例

タスクワールドを導入して以来、確実にチーム内の効率性がアップしています。タスクワールドを社内のオペレーションに取り入れることにより、複雑な作業、仕事のフローがとても円滑になりました。プロジェクトのメンバー全員が、誰が何を、どうやって、いつまでに終わらせるべきか、把握することのできる環境を作れています。(マサート氏)

視覚的なプロジェクト管理
タスクワールドのビジュアルボードは、視覚的にも操作的にも、エクセルのスプレッドシートとは対照的だ。チームは、一つの共有スペース("バーチャル仕事空間")で、各自のタスク(仕事)に関してアップデートを行い、ファイルを共有し、連絡を取り合い、チームメンバーと共に、プロジェクトの進行をチェックする。タスクワールドを業務オペレーションに取り入れた仕事とは、このようなイメージだ。

Accor4
ホテル開業のためのマーケティングプロジェクトの一例

タスクワールドを導入する前は、必要な情報をメールで集め、エクセルのシートにチェックリストを作り、マニュアル作業でそれを更新した上で、そのエクセルファイルを、複数の関連者に送信し、それを受信したスタッフは、各自、そのファイルを独自のスタイルで管理していました。タスクワールドを使えば、チェックリストはクリックひとつで更新され、全員に通知されます。またチャット機能のおかげで、ホテル開業における最も忙しい時期の、膨大なメールのやり取りも大幅に減りました(マサート氏)
Accor5
タスクワールドのチャット機能により、メールのやり取りを40%以上削減することが可能


タスクワールドの利点
マサート氏に、タスクワールドの機能で特に気に入っている点を聞いてみると、「オーバービュー」ダッシュボードだとの回答を得た。
ひとつの画面上で、すべてのワークスペースでの作業を、一括でチェックできる点が、とても便利で気に入っています(マサート氏)

Accor6
タスクワールドの「オーバービュー」ダッシュボード

プロジェクトを管理する立場にあるすべての人に、タスクワールドをおすすめしたいですね。業務オペレーションに取り入れると、毎日の仕事が格段にやりやすくなります!(マサート氏)
twbanner_700x230_ja

7月といえばもうすぐ夏休みの季節。奥さんやお子さんを連れて、旅行の計画を立てている方も多いのではないでしょうか。
tw_japan_summer
でも、「仕事が忙しくて行けるかわからない…」「プロジェクトリーダーなので部下の進捗が心配」など、なかなか旅行の踏ん切りがつかないことってありますよね。

そんな忙しい20・30代のあなたにオススメなのが、プロジェクト管理ソフトウェアの "タスクワールド (Taskworld)" です。


時間を意識したプロジェクトの管理ができる

タスクワールドの曜日別管理画面の例
[タスクワールドの曜日別管理画面の例]


タスクワールドは複数のプロジェクトの進捗状況が "一目見てわかる" のが大きな特徴です。
管理画面を開くと、各プロジェクトのTODOや〆切、アサインメンバーなど情報が一同に表示されます。

ですが、ここまでは他のプロジェクト管理アプリも同じ。タスクワールドのすごさはこの一歩先にあります。

他社のプロジェクト管理アプリでは、プロジェクトごとに一つのボードにまとめられて表示されています。

もちろん、それはそれで見やすいのですが、直近に迫っているタスクが一目でわからず、自身で緊急性の判断をしなくてはなりません。

タスクワールドでは "プロジェクト単位のボード" から、プロジェクトをまたいで "曜日ごとのタスクにまとめたボード" に切り替えることができます。

こうすれば「今週は●●をやらなくてはならないから、時間配分を~のようにして…」など、時系列を意識して仕事を進めることができるので先々の旅行の計画もバッチリ立てられます。

また、ガントチャートも表示することができるので、数週間~1か月と中長期にわたるプロジェクトやタスクも一目瞭然。

忙しいお父さんにとって時系列で進捗管理できるのは大変便利ですね。


スマホアプリを使って出先や家でも仕事ができる

対応OSはiOSとAndroid
[対応OSはiOSとAndroid]


公式アプリをインストールしておくことで、会社にいなくてもスマートフォン1本で仕事を進めることができます。

出張の移動時間やお子さんを寝かしつけた後の時間など、ちょっとしたスキマ時間を使って部下の進捗を確認したり、翌日にすべき仕事をチェックすることができます。

「塵も積もれば山となる」ということわざがあるように、タスクワールドを使って細切れの時間でできる仕事を積み重ねることによって、家族サービスがに充てられる時間を生み出すことができます。

公式アプリはAppStoreGoogle Playにてダウンロードが可能。

もちろん、アプリは無料でダウンロードすることができます。


利用料も他社に比べてお得

 企業様向け

[企業向けのTeamsプランのほか、個人用や専用サーバーのプランも用意]


こうした便利な機能を持っていても、会社側で導入してくれなければ意味がありません。
コスト削減に厳しい企業も安心してご利用いただけるよう、タスクワールドの利用料金は他社に比べてお得になっています。

例えば、100名規模の中小企業でプロジェクト管理ソフトウェアを導入する場合、A社は1人あたり月額25 $、B社でも15 $(1人・月額)の利用料金がかかります。

ですが、タスクワールドの場合、他社とほぼ同等の機能性を持ちつつも【1人あたり月額10 $ ~】で使うことが可能となります。

もちろん、人数が増えるほどコスト面のメリットは大きくなりますし、他社より安いからといってセキュリティや機能面で妥協することは決してありません。

アマゾンをはじめとした世界的企業でも導入実績があるため、上層部への提案にもうってつけとなります。

なお、2段階認証やVPCなどを希望される企業には、専用サーバーを使ったプランもあるので、気になる方は、ぜひ気軽にお問い合わせしてみてください。


おわりに

家族サービスをしながらも、部下をマネジメントし上層部にも結果を出さなければいけない "イクメンビジネスマン" にとって、タスクワールドは力強い味方となってくれるでしょう。

仕事のときはできる上司として部下の進捗を瞬時に把握し、ちょっとしたスキマ時間も仕事に充てることで業務効率化を図る。そして、生まれた時間は優しいパパとなって大切な家族と過ごす。

「今年の夏休みは、久々に家族旅行でも行くか!」そんな声が聞こえてくるような気がしますね。
twbanner_700x230_ja

↑このページのトップヘ