タスクワールド(Taskworld)ブログ

とにかく使いやすい!実際の業務で重宝する機能が満載!

タグ:Asana

〜データ移行は数クリックで終わります!〜

プロジェクト管理ツールに関してウェブ検索をしていると、「Taskworldとは?Trelloの進化版プロジェクト管理ツール」という、ferretのブログ記事を発見しました。

この記事のURLはこちら:https://ferret-plus.com/7885

数あるプロジェクト管理ツールの中でも、特に優れた操作性と高機能ぶりを誇るタスクワールドですが、チームでの導入を検討する上で、大きな障壁を感じている方は多いのではないのでしょうか?

その障壁とは...

25
上の画像をクリックすると、記事ページにアクセスできます。

「既にトレロを使っているから、新しいツールへの移行は面倒くさい!」

「そんなことないです!チョットお待ちを!!!」

仕事の効率をアップするため、そして、貴重な時間を少しでも節約するために使われる、プロジェクト管理ツール。

新しいツールに移行するために、多くの時間と労力をかけるのは、できる限り避けたいところですよね。

ですが、タスクワールドでは、次が可能です。

トレロからタスクワールドへのデータ移行は、チョチョイのチョイでスムーズに終わらせることができます!

トレロからエクスポートされたデータを、タスクワールドにキレイにインポート、引っ越しさせることができるのです。

さぁ、今日は駆け足で、このやり方を見ていきましょう!

ーーーーーー

trello zentai
トレロのメイン画面。

上は、トレロ使い始めのようなタスクの少なさで、とてもスッキリしていますが、この記事を読んでいるほとんどの方のトレロ画面は、全く違う感じではないでしょうか?

この何十倍ものタスクカードがボード・画面を占領...。この他にも複数プロジェクトボードがあり、まさにゴチャゴチャ状態...。

トレロからタスクワールドへの引っ越しをキッカケに、そんな状態を少しでも改善していければ良いですね〜!

では、「ボードメニューを表示」をクリックして、引越し作業へ進みましょう。

trello zentai yajirush
ここをクリックすると、引越し作業がスタートする感じです。

trello board menu yaji2
ここもクリックすると、目的の機能が出てきます。

trello choose print 2 copy
「エクスポート」を発見!これっぽいですね!さぁ、クリックを!

trello jason
「JSONでエクスポート」をクリックしましょう。

トレロからタスクワールドへの引っ越しに必要なのは、トレロのプロジェクトボードのJSONファイルです。

JSONファイルをダウンロードしたら、タスクワールドのワークスペースへ移りましょう。

tw workspace

上は、タスクワールドのワークスペース(タイトル:マジックテック株式会社)です。

先程のトレロのプロジェクトボードは、「スーパーマジック企画」という名前が付いていましたね。

このワークスペースに、トレロの「スーパーマジック企画」プロジェクトを取り入れるには、まず、下のイメージの赤い矢印が指している部分をクリックしましょう。ワークスペースの設定画面に進みます。

KOKO

ワークスペース設定の「インポート」タブを選ぶと、いかにもトレロからデータを移行できそうな画面が!

tw json import screen

先程、トレロでダウンロードしたJSONファイルをアップロードしましょう。

アップロードをすると、トレロからのデータ移行(=インポート)が始まります。

データ移行が終わったら、すべてのプロジェクトを一覧できる画面に戻りましょう。トレロのプロジェクト「スーパーマジック企画」が出来ているはずなので、確認してみましょう。

tw workspace after

ありました!お見事!

プロジェクトの中身も問題なく移行されているか、念のため見てみましょう。

tw super magic inside

チェックリストや添付ファイルまでも、きれいにインポートされていることがわかりますね。

タスクを一つ例にとって、ビフォー&アフター比較をしてみましょう。

fainal

キッチリとタスク詳細が移行されていることがわかりますね。

タスクワールドの表記スタイルの方が、直感的にタスク詳細を把握しやすい感じがしませんか?これは、ただの慣れですかねぇ...??

ちなみに、トレロではこのタスクカード上でアクティビティログが表示されていますが、タスクワールドでも、詳細なログの表示・確認は可能です。
※タスクワールドのアクティビティログ機能に関しては、ここをクリック


トレロからタスクワールドへの引越し作業、カンタンでしたね!

--------------

タスクワールドは、15日間無料でトライアル利用が可能です。
トライアル期間中は、アナリティクス機能を含む、そのすべての機能を無制限で使えます。
日本語によるサポートもバッチリなので、ぜひ気軽にトライアルスタートを!
twbanner_700x230_ja

1-cR7Xny-Rt1dGa1JGiexWBw

1-LXIE6IOdez6aMNcva6C6Bg

〜外国製プロジェクト管理ツールと、タスクワールドを比べてみました〜


毎日、世界中の様々な企業が、業務オペレーションにタスクワールドを取れ入れています。

カスタマーサポートを含む、日本語にもフル対応をしているタスクワールドは、日本でも実に様々な企業で本格導入が進められており、「ビジネスの現場で実際に使うことができる数少ないプロジェクト管理ツールの一つ」として、国内の多くの企業コンサルタントから絶大なる評価を得ています。

ビッグ3といえば、お笑いの世界では、ビートたけし、明石家さんま、タモリ。

ふた昔以上前になりますが、アイドルの世界では、郷ひろみ、西城秀樹、野口五郎。

プロジェクト管理ツールの世界のビッグ3はどうでしょうか?

国外に目を向けると、ミレニアム世代のコミュニティで圧倒的な知名度を誇る Trello(トレロ)、そして、小中規模のITエンジニアチームで使われる傾向にあるAsanaが、特に人気の高いプロジェクト管理ツールとして広く認識されています。

また、だいぶ趣が異なってしまいますが、Slackも、人気プロジェクト管理ツールとして数えられることがあります。

taskworld_vs_others-1


プロジェクト管理ツールの世界における、タスクワールドの位置付け、ぶらっと駆け足で見てみましょう!


タスクワールドとトレロの大きな違い

34
人気プロジェクト管理ツールの一つ「Trello」

43
日本でも多くのトップ企業で導入が進んでいる「タスクワールド」


1. タスクワールドは、オールインワン!

トレロと違い、タスクワールドでは外部ツールとの連携に頼る必要なく、ビジネスの現場で求められる機能を自由自在に使うことができます。トレロのコアユーザーの多くは、他の外部ツールとの同期・連携機能に頼りながら、毎日トレロを使っていると言われています。タスクワールドの特徴の一つは、「オールインワンのプロジェクト管理ツール」であることです。タスクワールド導入で可能になることは、タスクワールドの利用だけで可能であり、タスクワールドを使いながら他のツールも使わなければいけない、ということはありません。ここは、実務レベルでツールを使う人にとっては、大きな違いです。

timemachihne
タスクカード表示形式による「タスクワールド」の画面

タスクワールドはすべてのプランにおいて、すべての機能を使うことができます。カンバン形式、メッセージング(チャット)機能、タスクの時間計測、ガントチャート、カレンダー、プロジェクト分析機能、無制限のプロジェクト、無制限のタスク...。

timeline
「タスクワールド』では、全プロジェクトの進捗状況をガントチャートで細かに確認が可能。

「安いプランは使える機能がかなり限定的で、結局、後になって沢山お金を取られてしまう」

これは、無料で使い始めることができる企業向けソフトの世界ではよくあるパターンですが、タスクワールドではありません。

2. タスクワールドは、ビジネス用途にフル対応したプロジェクト管理ツール!

インターフェースがキレイで、プライベートの用事の管理など、シンプルなタスク管理では便利と評判のトレロですが、実際のビジネス現場で使われるプロジェクト管理ツールとしては物足りないと判断をした国内外の様々な企業が、トレロからタスクワールドへ移行をしています。タスクワールドの人気機能の一つである、タスクごとにチェックリストを作る機能や、繰り返して行われるタスクのリピート設定機能などは、ビジネスでの利用を前提に10年以上の期間開発が続けられている、タスクワールドならではです。

3. タスクワールドでは、複数のプロジェクトを一括で効率良く管理が可能!

タスクワールドは、すべてのプロジェクトの最新状況を一元的・視覚的に管理ができます。その代名詞的機能のひとつである、オーバービュー機能やガントチャート機能をサッと使うことにより、サッと瞬時に、プロジェクトをまたいで、全体の状況、細かいタスクの状況を把握することができます。トレロ的なツールでありがちな、「このタスクカードはどこだ!」といった感じで、他の業務で忙しい中、過去に作られたタスクを時間を掛けて探す必要がないのが、タスクワールドの特徴の一つです。

4. タスクワールドでは、細かい部分まで仕事の整理が可能!

トレロでは、タスクワールド同様、カンタンな操作でタスクにファイルを添付することができます。ですがトレロでは、その添付ファイルを後でアクセスする必要がある際、ファイル名やタスク名を一度忘れてしまうと、後でそれらを探すのが大変になってしまいます。タスクワールドは、後で管理がしやすいようにアップロードされたファイルが自動で整理されるため、そのような大変さはありません。


タスクワールドとAsanaの大きな違い

56
人気プロジェクト管理ツールの一つ「Asana」

43
クラウドに加え、オンプレミスでのサービス提供もスタートした「タスクワールド」


1. タスクワールドは、直感的・視覚的に、高度な機能をバリバリ使える!

Asanaでは、他のプロジェクト管理ツールとは随分かけ離れた、ユニークなインターフェースが使われています。慣れてしまうと使いやすいはずですが、独特なとっつきにくさがあるため、万人向けとは言い辛い面があります。会社で毎日使われることとなる、新しいツールの導入においては、「ツールとして使いやすい」、「とっつきやすい」、「実際のユーザーがアレルギー反応を示さない」といった要素は、とても大事な要素です。

「ユニークでキレイなインターフェースに重きを置かず、誰にとっても視覚的・直感的に使いやすいツールでありながら高機能」は、タスクワールドの特徴の一つです。

2. タスクワールドは、オールインワンで、チャット機能もあり!

Asanaでは、タスクにコメントをする機能はあるものの、チャット機能が限定的です。一般的なチャットアプリで当たり前となってきている機能を使うには、一手間かけて、Slackと連携設定をしなければいけません。タスクワールドでは、特別な設定なしで、特定のチーム間でのチャット、パーソナルチャットなど、絵文字・GIF動画も使えながら、自由自在に行なえます。

3. タスクワールドでは、自由自在にプロジェクトの最新状況をチェックできる!

タスクワールドでは、オーバービュー機能を使うことにより、複数のプロジェクトの最新状況を、一元的・多角的に確認することができます。「担当者」、「プロジェクト」、「期日オーバー」など、様々な要素で、チェックする情報をカスタマイズできるのは、まさにタスクワールドならではといった感じです。

task
「タスクワールド」のオーバービュー画面

4. Asanaは英語だけ。タスクワールドは日本語を含む、全11言語でフルサポート!

タスクワールドは、日本語、英語、フランス語、ドイツ語、イタリア語、スペイン語、韓国語、中国、タイ語、ポルトガル語、インドネシア語の、11言語でフルサポートがされています。

もちろん、日本語での利用は100%可能であり、導入前のコンサルティング、導入後のサポートも、日本語で受けることが出来ます。


タスクワールドとSlackの大きな違い

32
人気メッセンジャーツールの一つ「Slack」

43
メッセージング機能も充実した、プロジェクト管理専門ツール「タスクワールド」


Slackは、プロジェクト管理専門ツールではなく、メッセージング(チャット)ツールです。
メッセージングツールとしては、とても高機能であり、世界中の多くのチームから愛用されています。

Slackを使いながら、他のプロジェクト管理専門ツールを使うのは良くあるケースですが、タスクワールドにも、高度なメッセージング機能が標準で備わっています。

また、Slackは英語インターフェースのみでの提供となっています。

=====

タスクワールドは、機能やワークスペースの参加メンバー数に制限なく、15日間無料でトライアルが可能です。

手厚いカスタマーサポートも評判!気軽にトライアルをスタートされてみては?
twbanner_700x230_ja

〜Trelloからタスクワールドへ乗り換える 5つの理由を紹介!〜

Trelloを使っていて物足りないと感じたことはありませんか? チームのオペレーション、自分の仕事スタイルに本当にフィットする、代わりになるツールがないか、まだ探していませんか?

Trello-alternative-1024x436


最近、世界中の様々な企業が、多種多様のプロジェクト管理ツールを経て、Trello(トレロ)からタスクワールドへ移行しています。それらの企業には、誰もが知っている世界のトップ企業も含まれます。

1-RB5dtMR3L6ktYhTiMG4BPQ

Trelloは、プロジェクト管理ソフトウェアとして最も知名度が高く、そして完成度の高いツールの一つであることに間違いはありません。しかし、Trelloは、急ピッチ・高レベルで、様々な複雑なプロジェクトをこなし続ける必要のあるチームにとっては、必ずしもベストソリューションではないかもしれません。今日も、そう感じている世界中の多くの企業が、Trelloからタスクワールドに乗り換えています。

ベストソリューションとして、タスクワールドが選ばれる理由とは?

1) 実用性溢れる様々な機能を、視覚的・直感的に使える!
メンバー5人のチームで、タスクボードは仕事の進捗チェックと完了通知だけに使う...。

実際のビジネスの現場では、プロジェクト運営は、こんなシンプルなタスク管理スタイルではすまないと思いませんか?

Trelloと違いタスクワールドでは、各タスクにチェックリストをつけたり、繰り返し行われるタスクにリピート設定をしたり、一つのタスクを、異なる二つ以上のプロジェクト上で管理することができます。

1-FAEzqovcv-yLEzQDbkaalw

タスクワールドは、各タスクに関し担当者や期日を設定するといった基本的な操作に加え、実用性に優れた様々な応用機能が備わっています。

・インタラクティブ・ダッシュボード(基本はカンバン形式!)
・ガントチャート、プロジェクトタイムライン
・バーンアップ、バーンダウンチャート
・高度なフィルタ機能
・ファイル管理

2) 高機能は標準機能!
Trelloでは、基本的な機能にプラスしてより高度な機能を使う場合、その追加機能を付けるために、ユーザーは支払いをしなければいけません。

この場合、社内のツールを選定するマネージャーは、追加機能が具体的にどのように会社に貢献するのかを完全に把握した上で、購入を決める必要があります。これは、マネージャーにとって、大きな障壁となりえます。

1-vVai5JQlHjGzj16meNPrxA

タスクワールドの場合、これとは対象的にトライアル段階から、基本的に全ての機能を無料で使うことができるため、トライアル開始から本格導入まで、安心して進めることができます。

1-rj840iyXod2xjhLQDbif9g

チャット機能、タスクの時間計測、カレンダー表示、ガントチャート、使い勝手バツグンのモバイルアプリ etc...。 全てが実用性に優れた機能であり、全てが高いレベルで提供されてこその、タスクワールド。高機能が標準機能!


3) クリーンで使いやすいインターフェース!
ソフトを決める際、高機能を取るかインターフェースのわかりやすさを取るかの、二者択一に迫られるのが世の常です。高機能であればあるほど、分かりづらく使いにくい。シンプルなインターフェースであれば、機能もシンプル過ぎて、ビジネス用途に使えない...。

ソフトウェアレビューサイト「Capterra」のシニアエディター、レイチェル・バーガー氏は、タスクワールドについてこう述べています。
タスクワールドは非常にシンプルで使いやすいので、デジタルなことが得意でない人でも、少しの時間触っただけで、快適に使い始めることができるでしょう。デザイン面は、本当に素晴らしいですね。もしスティーブ・ジョブズが、ミニマリストをコンセプトとした、タスク管理のアプリを作るとすると、まさにタスクワールドのようなアプリが出来上がるでしょうね。
クリーンでシンプルだから、タスクワールド。

高度な機能がリリースされても、そのミニマリストで使いやすいデザイン性はそのままです。

1-EHanb1LayoLxpwJaIxZLIw

4) ファイルの管理がラク!

Trelloの場合、タスクにファイルを添付したり、ファイルを検索することはもちろんできるものの、ファイル名や添付した場所を忘れてしまうと、探すのが本当にひと苦労。ファイルを一元管理できるディレクトリがないからです。

タスクワールドでは、プロジェクトにアップされた全てのファイルは、ひとつの安全なスペースに管理されます。ファイル探しがカンタンで、探す手間がなくなるため、仕事の効率がアップします!

1-RAtSP6JPVTsQ5Ww8vM_eUA


5) これぞオーバービュー!すべてをまとめて確認可能!

Trelloでは、すべての異なるプロジェクトを纏めたかたちで確認が出来ないため、何にフォーカスを持って取り組むべきかがわかりにくいことがあります。対象的に、タスクワールドでは、すべてのプロジェクトを一つの画面でカンタンに確認することができます。

1-vVai5JQlHjGzj16meNPrxA

タスクワールドにアクセスすれば、その日に優先するべきタスクが何であるか一発でわかります。残った仕事量、完了した仕事量なども、すぐにチェックができます。

1-vdV9YEMk2j4sypKGojXJew



twbanner_700x230_ja

↑このページのトップヘ