タスクワールド(Taskworld)ブログ

とにかく使いやすい!実際の業務で重宝する機能が満載!

タグ:Trello

〜タスクワールドをよりフル活用するための便利機能をご紹介!〜

これまでリリースされてきた「タスクワールド活用のヒント」を一覧にまとめました。
(更新日:2018年11月12日 午前11時)

「こんな感じの記事をぜひ読んでみたい!」といったご要望があれば、気軽にリクエストしてくださいね!

main

★API連携

タスクワールドをさらに使いやすく!APIでチェックリストもコントロール!

APIでタスクワールドが更に便利に!GAS botのサンプルプログラム!!

タスクワールドAPI、Javascript サンプルプログラムを使ってみましょう!

Javaや PHPで、タスクワールドをもっと便利に!

イッキに解説します!タスクワールド APIの使い方!


★便利機能

特報!タスクワールドでゲストとコラボが可能に!

タスクワールド上の細かな動きを、自分だけにスヌーズ通知!

何かと便利なタスクワールドのデータ出力機能!

自由にカスタマイズ可能!タスクワールドの新リマインダー機能が心強い!

ちょっとした小技集! vol. 3(仕事の動きを小まめにチェック)

ちょっとした小技集! vol. 2(タスク&タスクリスト&プロジェクトのコピー機能)

ちょっとした小技集! vol. 1 (ショートカット、タスク右クリック、チェックリスト)

タスクワールドならではの新機能!パフォーマンス・レビュー!

タスクワールドのプロジェクト作成者とは?

タスクワールドのガントチャート機能がピカイチ!

タスクワールドは備忘録としても強い!

タスクワールドのフォロワー設定機能が、プロジェクト管理をより効率的にします!

タスクワールドの繰り返しタスク機能が便利!

裏技 緊急対応!タスクワールドで、突然のチームメンバーチェンジを乗り切る!

タスクワールドでは、アクティビティログが、見やすく詳細にチェック可能!

制作プロジェクトでこそ、タスクワールドが強い!

タスクの時間計測機能で工数もバッチリ管理!


★タスクワールド入門

タスクワールド、無料トライアルから導入までの道!

タスクワールドに参加するメンバーのタイプをMatomeましょう!

タスクワールドではメールだけで基本操作が可能!

快適・スピーディーなやり取り!タスクワールドのチャット機能!

タスクワールドでは、Markdownで書式設定が可能!

プロジェクトをグループ分けして、タスクワールドを更に使いやすく!

タスクワールドで情報共有レベルをコントロール!

タスクワールドでは、自分に合った使い方が可能!

タスクワールドは、ファイル管理がとことんわかりやすい!

緊急対応!タスクワールドなら、プロジェクト管理方法をいつでも変更可!

タスクワールドなら、ITがチョット苦手なメンバーでも大丈夫!

Trello(トレロ)からタスクワールドへの移行はラクラク簡単!

人事・採用・HR全般にも、タスクワールドが効く!

タスクワールドの基礎をもう一度おさらい!

タスクワールドは、スクール運営の心強い味方!

サポート業務で大活躍!タスクワールドの仕事術!

タスクワールドでチームのワークフローを徹底改善!

タスクワールド公式モバイルアプリが超便利!



--------------

タスクワールドは、15日間無料でトライアル利用が可能です。
トライアル期間中は、アナリティクス機能を含む、そのすべての機能を無制限で使えます。
日本語によるサポートもバッチリなので、ぜひ気軽にトライアルスタートを!
twbanner_700x230_ja

1-cR7Xny-Rt1dGa1JGiexWBw

1-LXIE6IOdez6aMNcva6C6Bg

〜最大1,500円 アマゾンギフト券をプレゼント!お得なキャンペーンをお見逃しなく!


いつもタスクワールドをご利用いただきありがとうございます。
本日は皆さまに、キャンペーンのお知らせをさせていただきます。

タスクワールドでは、実際にサービスをご利用頂いているユーザーの方々の生の声を、効果的なタスク管理ツールを探している、より多くの方々へ発信出来るべく、タスクワールドに関してのオンラインレビューを募集しています。

現在、法人向けIT製品・サービスに関するレビューを投稿・閲覧できるプラットフォーム「ITreview」で、タスクワールドのレビューを投稿していただいた方へ、アマゾンジャパンのギフト券最大1,500円がプレゼントされる、期間限定の特別キャンペーンを実施しています。

Amazonジャパンのギフト券プレゼントにつきましては、以下の通りとさせていただきます。

【キャンペーン対象者】
タスクワールド 有料プランユーザー1名につき1回

【キャンペーン詳細】
・10月17日(水)18:00までにレビューをご投稿いただいた方には1,500円分

・10月17日(水)18:00~11月30日(金)18:00までにレビューをご投稿いただいた方には1,000円分

レビューを投稿していただきましたら、次のフォームの記入・提出により、タスクワールド運営チームにまでお伝えください。

レビュー投稿通知フォーム


【キャンペーン適用条件】
・同サイトのコミュニティガイドライン事前審査を通過した上で、実際にレビューが掲載がされること

・レビューの掲載開始から5日以内に、上記のレビュー投稿通知フォームを提出

..........

上記フォームにてご連絡頂いてから1週間程で、ギフト券をお送りいたします。

「ITreview」にログインをした状態でこちらをクリックすると、タスクワールドのレビューを投稿することができます。

※「ITreview」でも同様のキャンペーンを実施中ですが、こちらは「タスクワールド」のキャンペーンとは異なります。

https://www.itreview.jp/statics/itreview_gives

皆様からのタスクワールドに関しての生の声、お待ちしております!


--------------

タスクワールドは、15日間無料でトライアル利用が可能です。
トライアル期間中は、アナリティクス機能を含む、そのすべての機能を無制限で使えます。
日本語によるサポートもバッチリなので、ぜひ気軽にトライアルスタートを!
twbanner_700x230_ja

1-cR7Xny-Rt1dGa1JGiexWBw

1-LXIE6IOdez6aMNcva6C6Bg

〜API連携により、タスクワールドの可能性が大幅に広がります!〜

今回は Taskworld API でタスクを登録するサンプルプログラムをご紹介します。

Javascript(jQuery)と PHP で、フロント/サーバそれぞれからリクエストを送信する場合のサンプルです。

API

それでは、Let's スタート!

※API のリファレンスはこちらの、アジアサーバー向けのドキュメントを参照してください。
https://asia-api.taskworld.com/#introduction

前回の記事「イッキに解説します!タスクワールド APIの使い方!」もご参照ください。

------

Javascript で Taskworld API を呼び出してみよう!

まずは Javascript です。

以下のようなフォーム画面からタスクワールドにタスクを登録するプログラムを見てみましょう。

js02_view

1. ソースコード

サンプルソースはこちらです。

ajax 関数で リクエストを送信して、画面に結果を表示するだけのシンプルな内容です。

js01_source

2. 認証キー・IDを用意

タスク登録には以下のパラメータが必要になります。タスクワールドのデータを確認しておきましょう。それぞれの取得方法は前回の記事を参考にしてください。

・認証キー
・スペースID
・プロジェクトID
・リストID


ソースに各パラメータを定義したら、ファイルを .html 形式で任意の場所に保存します。

このファイルをWebブラウザで開くと先ほどのフォームが表示されます。

3. API 呼び出しを実行

それでは API 呼び出しを実行してみましょう。

下のようにフォームのテキスト欄にタスク名を入力してボタンを押すと、ajax 通信で非同期リクエストが送信されます。

js03_view

result 欄に「OK」と表示されたら処理成功です。

タスクワールドのプロジェクトを表示すると、以下のようにタスクが追加されていることが確認できますね。

js04_tw

なお、API でタスクを作成する際は、タスク名しか設定ができないのでご注意ください。

期限などを設定するには、別途タスク更新(task.update)を行う必要があります。


PHP で Taskworld API を呼び出してみよう!

次はサーバから PHP で Taskworld API を呼び出すサンプルです。

今回は、タスク登録の後にタスク更新も実行して、期日などの詳細設定を同時に行ってみましょう。

php00_tw_sample_img


1. ソースコード

PHP のサンプルソースはこちらになります。

2. POST リクエストの送信方法

今回は POST リクエストを2回実行するので、送信処理を関数化しています。

関数ではリクエストボディを送信するために stream_context_create でストリームコンテキストを作成し、file_get_contents を実行します。

コンテキストオプションの詳しい説明はこちらを参照してください。

もしパフォーマンスなどが気になる場合は、file_get_contents の代わりに curl を使用すると良いでしょう。

php01_postfunc


3. 認証キー・IDを用意

タスク登録に必要なパラメータを用意します。それぞれの取得方法は前回の記事を参考にしてください。

・認証キー
・スペースID
・プロジェクトID
・リストID


用意したパラメータをプログラムで以下のように定義します。

新しく登録するタスクの名前は引数で受け取るようにしましょう。

php02_api_defs


4. タスクの登録・更新

タスク登録とタスク更新の実装は以下のようになります。

下図の上部「①タスク登録」がタスク登録を実行するブロックです。先ほど作成した POST 送信関数に URL、APIコマンド名、パラメータを渡していますね。

登録時はコマンドに "task.create" を指定します。

php03_api_calls

タスク登録に続き、タスク更新の実装です。

図の「②タスク更新」のブロックで、タスク ID と以下の詳細情報をクエリパラメーターに設定しています。コマンドには ”task.update” を指定します。

・タスク ID(直前に実行した登録リクエストのレスポンスから取得)
・タスクのポイント数
・タスクの色
・説明
・タスクの開始日(=現在時刻を設定)
・タスクの期日(=1週間後を設定)

5. API 呼び出しを実行

PHP の実行環境にソースファイルを配置して、コンソールから実行してみましょう。
下図のように実行時引数でタスク名を渡すと、その名前でタスクが登録されます。


php04_console


タスクワールド上でタスクリストを確認すると、リアルタイムでタスクが登録されます。

php05_tw_add_task

赤枠で囲んだ箇所は task.update で更新した部分です。期日などの設定が確認できますね。


タスクワールドをもっと便利に!

今回ご紹介した処理を応用することにより、外部システム上での作業進捗を、タスクワールドと連携することができ、プロジェクト管理における利便性が大幅に向上します。

例えば Wordpress の場合を考えてみましょう。

下書きを投稿した時にタスクを登録するプラグインを作成すれば、スタッフの誰かが記事を作成する度にタスクが追加されて、タスクワールド上で未公開記事の状況が確認できるようになります。

煩雑なプロジェクト管理を自動化/一元化できると助かりますよね。

ぜひ、お使いのシステムで Taskworld API を活用してみてください!

--------------

タスクワールドは、15日間無料でトライアル利用が可能です。
トライアル期間中は、アナリティクス機能を含む、そのすべての機能を無制限で使えます。
日本語によるサポートもバッチリなので、ぜひ気軽にトライアルスタートを!
twbanner_700x230_ja

1-cR7Xny-Rt1dGa1JGiexWBw

1-LXIE6IOdez6aMNcva6C6Bg

〜API連携により、タスクワールドの可能性が大幅に広がります!〜

「Taskworld API」 はタスクワールドのリソースにアクセスできる JSON ベースの Web APIです。様々なクライアントから実行可能で、タスクワールドのユーザーであれば、機能に制限なく、誰でも利用することが可能です。

API


本日は、「Taskworld API」の使い方サンプルを駆け足で見ていきましょう!

Let's スタート!

※API のリファレンスはこちらの、アジアサーバー向けのドキュメントを参照してください。
https://asia-api.taskworld.com/#introduction

------

まずは認証キーの取得からスタート!

クラウドサーバーによるタスクワールドのサービスは、アジア、欧米、欧州の3つの異なるリージョンで運営がされています。サインアップ時に選択したサーバーのリージョンがアジアであれば、アカウントおよびワークスペースは、アジアのサーバーで運営されているということになります。

利用しているサーバーのリージョンをチェックしてみましょう。タスクワールドのワークスペースにアクセスをして、そのURL のドメインが「asia-enterprise.taskworld.com」となっていれば、アジアのサーバーが使われていることが確認できます。

01_01_region

アジアリージョンの API に認証リクエストを送信して、認証トークンを取得してみましょう。

本記事では、 HTTP クライアントに Chrome専用アプリ「Postman」を使用します。Postmanの詳細に関しては、その公式サイトを参照してください。

Postmanを起動し、リクエストメソッド / API の URL / MIMEタイプを設定します。

01_02_postman_auth_1

続いて、 Bodyタブを開き、「raw / JSON」を選択して、登録情報のJSON(メールアドレス、パスワード)を入力します。

01_03_postman_auth_2

「Send」ボタンでリクエストを送信すると、下段に結果が表示されます。

今回はリクエストが成功し、レスポンスで以下の認証情報を取得できました:

・access_token(認証トークン)
・default_space_id(ユーザーが最初に作成したワークスペース)
・workspaces(ユーザーがアクセス可能なワークスペース)


「access_token」は、この先すべての API で使用します。その使用に際して制限などは設けられていないため、取り扱いには十分注意をしてください。

01_04_postman_auth_res

下は、メールアドレスが誤りの場合のエラーレスポンスです。

01_05_postman_auth_err

エラーに関しては、 API リファレンスのエラー情報を参照して下さい。


ワークスペースのデータ構成はこうなっています!

それではここで、ワークスペースを構成するオブジェクトの関係を少しだけ見てみましょう。

下図は、APIが返却するオブジェクトの概念的な関連図です。

02_01_er

タスク管理の基本構成は、ワークスペース > プロジェクト > タスクリスト > タスクという親子関係になっています。

チャンネル(チャット)はユーザー/ワークスペース/プロジェクトに紐づいており、各々のチャンネルの会話がメッセージとして保存されます。

メッセージは、この他にタスクコメントとして単独でも使用されます。そのため、メッセージは 「parent_id」 と 「parent_type(channel / task)」の2種類のキーで親オブジェクトを識別している点に注意してください。

これらの登録データは、APIで取得する他に、一括でダウンロードすることも可能です。一括ダウンロードは、タスクワールドのアカウント設定画面からリクエストを送信できます。

JSON

※ダウンロードデータの型は、APIレスポンスとは若干異なります。

ワークスペースのデータ量が多いと、APIだけで構成を把握するのは大変です。あらかじめデータをダウンロードしておけば、開発がスムーズに進むのでオススメです。

それでは、実際にAPIを使ってみましょう!


APIで、ワークスペース情報を取得!

まずはワークスペースの情報を取得します。

「Get workspaces API」 で、ユーザーがアクセス可能な全てのワークスペースの情報を取得しましょう。ここからは、前述の取得済み「access_token」を認証に使用します。

03_01_workspace_all


「Get workspaces API」では、ワークスペースの「name」に注意してください。

「Taskworld API v1」 では、URL に使用するキー文字列(日本語の名前の場合はハッシュ値)が「name」として返ります。そのためレスポンスを見ただけでは、どれがどのワークスペースなのか区別するのが難しい時があります。

前述のデータダウンロードであれば、日本語名も取得できるので、可能であれば両者を突き合わせてレスポンスを確認する事をオススメします。


APIで、タスクリスト&タスクを追加!

次は、APIを使い、プロジェクトにタスクリストを追加してみましょう。

「Create a tasklist API」を使用します。ワークスペース、プロジェクト、そして追加するタスクリスト名を指定して実行します。

03_02_add_tasklist


リクエストが成功したら、タスクワールド上での表示を確認しましょう。下のスクリーンショットのように、タスクリストがリアルタイムで追加されます。

03_03_added_tasklist

追加したタスクリストに、タスクを作成してみましょう。「Create a task API」で、先ほどのレスポンスの「list_id」を指定し、タスク名を設定します。

03_04_add_task

先ほどのタスクリストと同様、下のスクリーンショットのように、リアルタイムでタスクが追加されます。

03_05_added_task



APIで、タスクを更新!

それでは、APIにより、作成済みのタスクを更新してみましょう。

「Update a task API」で、タスクにポイント、ラベル色、タスク説明テキスト、開始日・期日を追加してみます。

※「API v1」では、日時をグリニッジ標準時で指定します。

更新に成功すると、レスポンスで更新後のタスクオブジェクトが返ってきます。

03_06_update_task


下のスクリーンショットのように、リアルタイムでタスクワールドのワークスペース上に、タスクの詳細情報が追加・更新されます。

03_07_updated_task


APIではこの他に、タグやメッセージの操作、タスクの移動なども行えます。

ぜひ色々と試してみてください!


Slack bot を作ってみましょう!

サンプルソースを使用して、タスクワールドの特定のタスクリストを操作する、“Slack App” を作成してみましょう。

このサンプルでは、ローカル環境の node で稼働するタスクワールド操作コマンドを、「ngrok」 経由で公開して「Slack(スラック)」と連携させます。

1. localhost 環境構築

まずは、ローカル環境を構築します。

実行環境は ubuntu16.04 / node.js v9.11.2 です。

サンプルソースを API リファレンス「Examples」の github リポジトリリンクから取得しましょう。

ソースを使いやすい場所に展開したら、「tw-slack-bot」ディレクトリへ移動して、関連モジュールをインストールし、node を起動します。

この段階では起動確認だけできれば良いので .env は port だけ設定しておきましょう。

$ cd tw-slack-bot
$ yarn init # 設定値はデフォルトでOK
$ npm install --save-dev
$ cp .env.sample .env
$ vi .env # とりあえず port だけ設定
$ node index.js


続いて、「ngrok」 をインストールして localhost を公開します。

「ngrok」 に関しては、こちらのSlack のチュートリアルも参考にしてみてください。

04_00_ngrok


2. Slack Appの作成とインストール

Slack Appを作成しましょう。作成方法はSlack 公式サイトでも公開されているので、ここでは、 slash command の追加手順だけ見てみましょう。

ブラウザで Slack にログインして、Slack App 構築ページを開き、「Create a slack app」を選択します。

04_01_slackapp_create

作成ウィンドウが開くので、 Slack Appの任意の名前と、 開発対象のSlack ワークスペースを指定します。

04_02_slackapp_create2

「Basic Information」 が開いたら、「Slash Command」をクリックします。次の画面では、「Create New Command」に進みましょう。

04_03_slackcmd_1

「Create New Command」 画面に移動したら、次のようにコマンド設定を入力します。

・Command: /twctask
・Request URL: https://[ngrok で割り当てられたドメイン名]/twctask


その他は任意で設定し、「Save」をクリックします。

04_05_slackcmd_3

作成したコマンドをSlack のワークスペースにインストールします。

「Install App」画面では、「Install App to Workspace」をクリックして、次の画面で「Authorize」へ進むとインストールが完了します。

04_06_install



3. localhost のコマンド設定

最後に、ローカルのソースを編集してコマンドが正しく動作するように設定しましょう。

サンプルソースは北米サーバー向けになっているので、「tw-slack-bot/taskworld.js」の API URL をアジア用に修正します。

04_10_code


前述のステップで、「port」 を設定した 「.env」 に、今度は Slack と Taskworld API の設定を追加します。

Slack の情報はこの3つです。

・CLIENT_ID
・CLIENT_SECRET
・VERIFICATION_TOKEN


Slack の情報は「App Credentials」で確認します。

Slack のコマンド管理画面を開いて下の方にスクロールすると「App Credentials」の欄があるので、そこから必要事項をコピーして .env に記述します。

04_11_credential


タスクワールドの情報は4件です。操作対象のタスクリストに関する情報と、認証トークンを記述しましょう。

・ACCESS_TOKEN: Auth API で取得した access_token
・SPACE_ID - ID: ワークスペース ID
・PROJECT_ID: プロジェクト ID
・LIST_ID: 対象のタスクリスト


.env を更新したら node を再起動します。


4. コマンドを実行する

作成したコマンドをSlack から実行してみましょう。

04_12_cmd_exe

そうすると、下のスクリーンショットのように、タスクワールド上でタスクが新たに追加されます。

04_13_result


この他にも、Taskworld APIを活用することにより、サンプルをベースにして様々な機能を作り込んでいくことが可能です。

ぜひ色々と試してみてください!


--------------

タスクワールドは、15日間無料でトライアル利用が可能です。
トライアル期間中は、アナリティクス機能を含む、そのすべての機能を無制限で使えます。
日本語によるサポートもバッチリなので、ぜひ気軽にトライアルスタートを!
twbanner_700x230_ja

1-cR7Xny-Rt1dGa1JGiexWBw

1-LXIE6IOdez6aMNcva6C6Bg

〜タスクワールド導入事例のご紹介:株式会社ビズ・クリエイション〜

2


株式会社ビズ・クリエイションは、今年10周年を迎える住宅・不動産業界に特化したメディア運営会社です。昨年秋に、住宅会社が使えるイベント予約サイトを自社開発。住宅会社のサイトはアナログというイメージを刷新することに成功しました。この半年で社員が3倍に増加し、まさに急成長中の会社で、タスクワールドをどのように活用しているのか、イノベーション創造ユニット 広報・アライアンスチーム マネージャーの田中美都さんにお話を伺いました。


株式会社ビズ・クリエイションの事業内容について教えてください。

3
株式会社ビズ・クリエイション 田中美都さん

「工務店」、「不動産会社」、「設計事務所」等、企業を対象としたサービスとして、住宅見学会などの予約受付管理ができる“Kengaku Cloud”。より一般消費者向けのサービスとしては、「家を見せたい人」と「家を見たい人」をマッチングさせる住宅イベント情報掲載サービス“iemiru”。弊社は、この2つをメインの柱とし、事業展開を行っています。

そのほか、家づくりの情報を一括請求できる“イエコレ”の運営や、毎月1回発行のフリーペーパー『家。買う?』も発行しています。最近、ウェブマガジンも立ち上げて、お客様に役立つ情報を中心に、読み物に重点を置いたサイト運営も行っています。


タスクワールドの導入までの過程を教えてください。

実は、タスクワールドは取引先の会社からの紹介がきっかけとなり導入にいたりました。それまでは、別のタスク管理ツールと、チャット専用ツールを併用していたのですが、「ひとつにまとめてスッキリしたいよね」と話していたタイミングに「おすすめのツールがあるよ」と、オススメしてくれました。

新しいツールなので、操作や機能に慣れるまで面倒かなと少し懸念がありましたが、実際に使い始めるとそんなことはほとんどなく、今ではすっかり社内では、なくてはならないツールになっています。

4


タスクワールド導入の決め手を教えてください。

導入の決め手は、「複数ツールの併用がやめられない」という、かねてからの問題を、現実的に解決してくれるツールであると、トライアルを経て確信したことです。タスクワールド導入前に使っていたツールでは、常に複数のウィンドウを開いて作業する必要があるなど、面倒くさくスッキリしない使い勝手でした。また、完了したタスクを左から右に流していくことしかできませんでした。

タスクワールドなら、一個一個のタスクにおいて、コメントやファイルを付けることができ、担当者も明確化することができる等、「これが欲しい、これが必要」と感じていた機能がすべて備わっており、ツールの一元化を実現できたと同時に、レベルの上がったITツールの使い方ができていると感じています。

5


社内ではどのくらいの人数でタスクワールドを利用していますか?

社員全員使っています。弊社は、本社は岡山ですが、東京そして今年の6月には静岡に支社ができました。さらに営業担当に関しては、福岡、広島、四国全域へと出張に出るので、週に4日オフィスに居ないということも珍しくありません。プロジェクト管理ツールとしてだけでなく、毎日のコミュニケーションのためのツールとしても、社員全員がタスクワールドを使っています。特定のプロジェクトやタスクに関わらずに、一対一や、グループでのチャットができるのは、タスクワールドのオススメポイントの一つですね。

タスクワールドは、メールや電話のようなコミュニケーションツールといった位置付けですか?

そうですね。全員使っていますから。社員だけではありません。社労士さんやアドバイザーの方など外部メンバーの方にもライセンスをお渡しして、非公開設定なども活用して使用しています。

コミュニケーションツール以外の、タスクワールドの活用方法を教えてください。

タグ付けを活用して、稟議の提案もタスクワールドで行なっています。承認者をタグ付けして、右に移動していくといった使い方です。ガントチャートは、特に制作関連部署で活用しています。締め切りをつけたら自動でガントチャートが作られるから楽ですよね。

スケジュールや予定の管理もすべてタスクワールドで行なっています。弊社では毎月1回、本社のある岡山で全体合宿をやっています。前月の振り返りや当月のアクションプランを考えたり、講師を招いてのセミナーなども開催されます。合宿のスケジュールや予定の詳細も、すべてタスクワールドに格納という形で利用していますね。

6


使用見本になりそうな理想の使い方をしていただいているので、とても嬉しいです!

ありがとうございます(笑)。あとは、経営陣がおもしろいチャットを作るので、楽しみながら使えているのもポイントかと思います。例えば、「経営に関する疑問・質問なんでもしてきてワン!」といったチャットを作ったりするんです。チャットを使って、「気づき」とか「情報共有」とか、ラフにやり取りをしています。特定のプロジェクトに関連づけさせていないチャットの数も多いですね。

電話とメールそしてタスクワールド。利用頻度の割合を教えてください。

基本的には「タスクワールドがないと連絡手段がない」と言えます。タスクワールド導入時にルールが決定したんです。それは、「社内でのチャットは、タスクワールドで!」というものです。ビズ・クリエイションの唯一のチャットはタスクワールドのチャット。これは、会社のルールです。

社外の方とは、相手に合わせたツールを使用していますが、社内は全員タスクワールド。あとは使っちゃダメなんです(笑)

コミュニケーションツールとして、タスクワールドは100点満点の何点ですか。

「やり取り」という点に関しては100点です!ひとつだけ、改善希望ポイントを挙げるとしたら、「通知機能」ですね。メンションされていないと通知が来なかったり、わかりにくいことがあります。期待値を込めての採点と思っていただければ(笑)

コミュニケーションツールはタスクワールドに統一化されていることもあり、社員はツール内での情報共有の速度を毎日気にしていますね。社員同士、電話番号はまだ知らないけれど、タスクワールドのアカウントは知っているという感じです。コミュニケーションツールとしてのタスクワールドは、社員間の活発なやり取りを促してくれています。

7


タスクワールドはどのような会社にオススメだと思いますか?タスクワールドを活用されている御社ならではのアドバイスをお願いいたします。

上司が部下のタスク管理をできていないというケースは、意外と多いと思います。優れたITツールの導入は、そのような問題の解決に直結すると思っています。また、“意識の育成”という点でも役立つツールと感じています。弊社では、仕事は本人の能動性にまかせています。タスクワールドは、プライオリティが高いタスクは何か、本当に今日やるべき仕事かどうかなど、自分で考えて使いこなすツールだなと実感しています。

また、弊社の仕事の進め方は、チームを作り、プロジェクトを完了して、チームを解散する。つまり、人の出入りなどの動きが目まぐるしいという特徴があります。次々とプロジェクトをこなせているのは、タスクワールドを使っているおかげと思っています。

ズバリ!田中さんにとってタスクワールドとは何でしょう?

出社してパソコンを立ち上げ、最初に見るのはタスクワールドの画面です。自動で開くように設定しています。家族の顔よりタスクワールドの画面を見ている時間の方が、断然長いと思います(笑)それくらい、当たり前のように使っています。弊社では、入社時にタスクワールドのアカウントが用意されるので、これがないと仕事にならないという存在です。



--------------

タスクワールドは、15日間無料でトライアル利用が可能です。
トライアル期間中は、アナリティクス機能を含む、そのすべての機能を無制限で使えます。
日本語によるサポートもバッチリなので、ぜひ気軽にトライアルスタートを!
twbanner_700x230_ja

1-cR7Xny-Rt1dGa1JGiexWBw

1-LXIE6IOdez6aMNcva6C6Bg

↑このページのトップヘ